« 『プリンセス・トヨトミ 』 | Main | 大阪焼トンセンター »

2011.04.22

「天野酒 蔵見学&蔵人を囲む会」

月曜日は「天野酒 蔵見学&蔵人を囲む会」に参加してきました。
これは、大阪の杉本商店さん主催のイベントです。
106
JRで滋賀から一時間半くらいかけて河内長野まで。駅から歩いて10分かからない場所にあるお蔵さんです。
111
蔵人の山本さんに蔵の内部を案内していただきました。ずいぶんたってから「山本スペシャル」の山本さんだ、と気づいた私。知らずに以前買ったことありますcoldsweats01
110
静かな蔵。使いさしの酵母のにおいもかがせていただきました。パンの袋を開けたときみたいなにおい。「酵母の死臭」って……sweat01
こちらではきもとを造っておられるのでモトすり唄をうたわれるのか質問してみました。「歌は歌いますが、いまの歌ですね」とのこと。南部杜氏さんが来られているので、南部の唄を期待したのですが、杜氏さんがお若いのでご自身があまり歌ったことがないから、とのことでした。
114
蔵できき酒。新酒は「五百万石」、精米歩合は同じ60%で6号・7号・8号の酵母違いなど。生原酒がほとんどの中、加水してアルコール度を16~17度に下げた本醸造が、とても飲みやすくて驚きました。全体的に「天野酒」は酸がきらめく感じでした。特にここでのきき酒では、同じく「五百万石」、精米歩合は同じ60%で、酵母が1801号のものがきらめいて華やかさがありました。
113
他に、いいなあと思ったのは「五百万石」、精米歩合は同じ60%の酵母無添加のきもとでした。新酒だけど既に味わいが幅広くて深い。そして辛さを感じるキレもある。
116
ショップでお酒と米粉入りバームクーヘンと化粧水を買って帰りました。
119
周囲の道は、高野山へ続く高野街道です。昔は往来が激しくてすごく繁栄していたんだろうな、という感じの立派な御屋敷が軒を連ねています。
115
今回の蔵見学には杉本さん以外に知った人がいないだろうと思ってたら、とってもよく知っている滋賀の酒好き女子がいらっしゃってて、心強かったですhappy01 いつもは知っているお蔵さんに行って、仲間といっしょに質問するのですが、今回は初対面の蔵人さんだし「天野酒」自体もあまりよく飲んでいるわけではないので、質問するとき、どうも声が小さくなってしまい、不審人物のように思われたかも。私って人見知りするものだから……coldsweats01
118

120
巨木がたたずむ街道沿い。同じ姿勢で長く往来を見守ってきたのですね。
これから南海電車で移動して、難波で親睦会なのです。

▼「天野酒」西條合資会社

|

« 『プリンセス・トヨトミ 』 | Main | 大阪焼トンセンター »

県外の地酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『プリンセス・トヨトミ 』 | Main | 大阪焼トンセンター »