« 紅ザケランチ | Main | 姉御ボトルで深更手酌 »

2011.05.25

『この庭に 黒いミンクの話』梨木香歩

数年前、ミンク(イタチ科)が出てくる話だろうと中身も見ずに買っておいた本です。

挿絵がたくさん。軟らかい鉛筆で描かれたモノクロです。

確かに黒いミンクが出てきました。それと、たくさんのアンチョビが泳ぎます。アンチョビが部屋の中や庭を泳ぐ、という描写がやけにリアルで引き込まれてしまいました。主人公の女性は、オイルサーディンの缶詰めと酒だけで数日を過ごしているというのです。ちょっと共感coldsweats01

洋酒のビンの中には日本酒ものビンもある、とのことheart04

ミンクの毛皮の描写は、とても的確。つやつやとした黒い毛は濡れているよう。そうです。ミンクは極上の毛皮をまとっています。

どちらかというと、ピンクの象とかミニ大名行列が見えるという、アレ系な感じです。全体が幻想的なのです。

しかし全く理解できないまま唐突な終わり方で、本を持ったまましばらく唖然としてしまいました。『からくり からくさ』の続編の『ミケルの庭』のを読んでいないといけないらしいのです。また、見つけたら読んでみることにします。

『この庭に 黒いミンクの話』梨木香歩

|

« 紅ザケランチ | Main | 姉御ボトルで深更手酌 »

イタチ科」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 紅ザケランチ | Main | 姉御ボトルで深更手酌 »