« 酒粕ジェラート新発売 | Main | 常栄禅寺の御衣黄 »

2011.05.05

春のマキノの山川草木

マキノ町海津の桜。ソメイヨシノは散っても、ほかの桜が咲いています。
007
滋賀県高島市マキノ町海津の吉田酒造さんにて、徳島からのお客様と待ち合わせ。ところがGWの道路の渋滞は到着時刻の予測がつきません。011
紫の小さな花。名前はわかりません。おわかりの方は教えてください。
012
こちらは、たぶんヒメオドリコソウ、のはず。
013
これは、吉田酒造さんのお店に飾ってあった筍と姫筍かなにか。かわいかったので。
014
お客様を待つ間の時間を使って、吉田社長さんが会社の車でマキノの山里を巡ってくださることに。おーちゃん、inugaoさん、私は大喜びで乗り込みました。
最初に連れてきてくださったのは、琵琶湖を見渡せる高いところ。この山道を登っていくと、田屋城址に行けるそうです。その手前には、「ダモ」の巨木と小さな祠。白山比咩(しらやまひめ)神社。周囲には、民家が点在し、のどかな田園と雑木林が広がっています。
018
振り返ると、琵琶湖の沖に竹生島の影。ひょっこりひょうたん島みたいです。
016

017
バターカップ。日本名ウマノアシガタ、だと思う。
015
たぶんムラサキケマンだったと思う。
026
蕨が。
027
ムラサキサギゴケみたいな花。
032
ヨキトギ川の下流、知内川そばにある、酒米の田んぼにも連れて行っていただきました。今年は冷え込みが続くのでまだ田植えが済んでないとのこと。酒米はもともと遅いので代掻きなどもまだでした。
033
こんなふうに「環境こだわり農産物」の立札も。
034
こんなに環境のよいところで作られているんですね。
035
田んぼの周辺の景色。
036
山の頂上付近には、まだ白い雪が消え残っています。びっくりです。
037
にぎわうマキノキャンプ場を流れるヨキトギ川。吉田酒造さんではこの川にちなんだ「ヨキトギ」というお酒もあります!
038
これもヨキトギ川。

マキノの圧倒的な自然の春の息吹にふれ、ただただ喜ぶばかりでした。この地の持つ歴史や生命力が特別な磁場を持っているかのように心に響いてくるのでした。

|

« 酒粕ジェラート新発売 | Main | 常栄禅寺の御衣黄 »

草花」カテゴリの記事

Comments

4日に、マキノへ登山目的で行きました!
山は、ブナの新緑や小さな花など、ひたむきな命にあふれ、エネルギーをもらうことができました。
次回は是非「ヨキトギ」を♪

Posted by: 円 | 2011.05.08 at 10:30 PM

円さん

そうだったんですか。本当にマキノの春って素晴らしいですよね。

登山も気持ちよかったでしょうね!!

あわせてぜひ地酒をお土産に~happy01

Posted by: あひる@地酒 | 2011.05.09 at 11:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 酒粕ジェラート新発売 | Main | 常栄禅寺の御衣黄 »