« 『この庭に 黒いミンクの話』梨木香歩 | Main | 鰯のたたき »

2011.05.26

姉御ボトルで深更手酌

今年3月の朝市で販売した、姉御ボトル。中身はもちろん「不老泉」の山廃仕込 純米吟醸 中汲みです。それも、新酒じゃない。じゅうぶん熟成して、飲みごろ。確か、上原専務さんが囲っておられた在庫だけで、他にはもうどこにもないはずのお酒なのです。
姉御ボトルで深更
仕事がひと段落ついて、冷蔵庫からこのボトルを出してきました。

姉御が好きで好きで、これさえあれば!というお酒。

この写真が撮られた時、私はすぐ隣にいたのです。姉御の手料理をおいしくいただき、座談会という名目でお酒も飲んで調子よくしゃべってたのです。

姉御は取材しにいらしたライターさんとカメラマンさんのぶんまで酒の肴、というかご飯を用意しておられ、あの炉辺で、あの鳩徳利を使って、とっても上機嫌でした。そんなことをくっきりと思い出すのです。「あひるちゃん!これ、うまいな!」という声が聞こえてきます。

|

« 『この庭に 黒いミンクの話』梨木香歩 | Main | 鰯のたたき »

滋賀の地酒【湖西】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『この庭に 黒いミンクの話』梨木香歩 | Main | 鰯のたたき »