« イタい記録 | Main | 唐橋から夏琵琶湖 »

2011.06.08

「中之舞」攻略に向けて

攻略法教えていただきました。

--------------------

掛かり三回
初段二回
二段四回
三段二回

でした。頑張ってください!

--------------------
ヨウダ姉さん(私より後から弟子入りされた方)から。


いや、別に攻略法じゃなくて、単に「中之舞」の地の繰り返し回数をお尋ねしただけなんですけどね

地とは、呂・中・干・干中という四くさり(4フレーズ)でできている部分で、
曲の中で、これが何度も繰り返されます。

同じ速度じゃなく、最初と最後を比べると
スピード感がでてきて、笛が疾走していきます!

高い「リーーーー」でフィニッシュ。
これが決まると「中之舞」もうまくいけそうな気がする


「中之舞」を図で表すとこんな感じ?

※呂・中・干・干中=a・b・c・d、これをまとめてAとします。
 ほかを適当にアルファベットを割り振って。
 「掛かり」「初段」などの言葉は、音楽で演奏はしなくて、単に順番を表しているだけです。


掛かり
e
b
A×3
a

初段


a
g
h
b'
A×2
a

二段


a
g'
h'
b''
A×4
a

三段
f
i
A×2

トメ コイ合
a
j

うーん、なるほど、二段でかなり盛り上がって、三段でトントンと手早くまとめてトメできれいにフィニッシュという展開ですね。初段で出てきたghb'は、急にスローテンポになるところ(ヲロシ)。シテ方の舞も、足踏みして静かな部分です。二段で、それが微妙に違うというので、ダッシュ付。


って、わからんこと並べてすみません!

ヨウダ姉さん、ありがとうございました!やります、今度こそ!

(実際に吹いてみたら、一か所間違い発見!また直します)

|

« イタい記録 | Main | 唐橋から夏琵琶湖 »

能管」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イタい記録 | Main | 唐橋から夏琵琶湖 »