« ディアナチュラ ヘム鉄 | Main | ばら園 美肌アロマオイル »

2011.07.06

『エルマーのぼうけん』ガネット

小学校の図書室に確かあったはず。

でも、記憶にあるのは子どもが小さい時に三部作揃えてから、読んでやっていたから。

まさに冒険。主人公エルマーは小さな子ども。読んでいる子どもたちが自分と重ねて、わくわくできる。

発端は野良猫を家に連れ帰ったこと。エルマーは紳士的に猫をもてなそうとする。しかし、母親は捨てて来いと命令する。

このあたり、親としては自分の姿を見せられているようで、落ち着きません。

しかし物語は、反対する親がいるからこそ、真の冒険が始まる仕掛けになっているんです。

エルマーは猫から、囚われの身になっている、かわいそうなりゅうの子どもの話を聞き、自分が助け出そうと決意するのでした。

密航、猛獣、困難を知恵でクリアしてゆくエルマーに、子どもたちは快哉の声を上げます。

ストーリーも素晴らしいけど挿絵も美しく、冒険物語が盛り上がります。

みつあみにリボンを結んだライオンなど、ユーモラスな姿は笑えます。

三部作一気に読みたくなる名作です!

エルマーの冒険3冊セット

|

« ディアナチュラ ヘム鉄 | Main | ばら園 美肌アロマオイル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ディアナチュラ ヘム鉄 | Main | ばら園 美肌アロマオイル »