« 通天閣見えた | Main | 天王寺で第1笛吹き発見! »

2013.02.11

大阪市立美術館「酒と食のうつわ」展

大阪市立美術館「酒と食のうつわ」展

大阪市立美術館「酒と食のうつわ」展
「酒と食のうつわ」展は今日が最終日。

漆塗りの盃にはとても興味があるのでやって来ました。

漆塗りの杯は大きなものから小さなものまで、セットになり台や収納用の箱まで付いていることがありました。

蒔絵の模様は食べ物、物語の場面、目出度いこと、名所、身近な鳥、想像上の動物、季節限定柄など様々。

中でも可愛くて今でも女子受けしそうだったのは貝尽くしです。ヒトデが☆だし全面にスカシカシパンみたいな貝がちりばめられてキュート!

唐獅子模様はお酒飲んでて獣臭そうだから私は好みじゃないです。

伊勢海老やハマチ、鯉なんかいいダシが出そうでいいな。

なんて勝手な妄想を楽しみました。

杯だけでなく、ピクニック用に酒の容器やお重、取り皿がセットしてある道具箱・行厨(こうちゅう)は素敵。これ欲しいな。でも螺鈿や蒔絵の豪華なのは予算的にとても無理だな。

目の保養になりました。

|

« 通天閣見えた | Main | 天王寺で第1笛吹き発見! »

」カテゴリの記事

日本酒全般」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 通天閣見えた | Main | 天王寺で第1笛吹き発見! »