« 酒と醸し料理 BY | Main | ツナカレー缶 »

2013.03.12

大槌の宝箱写真展

大槌の宝箱写真展
今回の東京行きの目的のひとつは、目黒で開催中の写真展「大槌の宝箱」でした。個人的な旅行として。

クラウドファンディングのレディフォー(だったかな)を利用して集まった寄付で実現したものです。

仕事先の上司が寄付をしていたので名前が貼り出してありました。

デジタルカメラを一人一人に渡し、撮り方のワークショップを行って、高齢の方々が大槌の町で撮った写真なのです。

お孫さんの笑顔、一緒に避難した飼い犬の顔、虹、友人。

対象と撮影者の信頼関係がなければ決して撮れない表情、その地に住んでいるから撮れた一瞬の自然。

写真からは写真を撮ることへの新鮮な喜びが伝わってきました。

シャッターを切る音は、写真という表現方法を得た人の心のはばたきの音。

高齢だろうと心は自由です。写真はその自由さを表してくれます。

大槌の皆さんの作品は見る側の私たちにもそんな喜びを伝えてくれました。

また、応募作品の中には大槌でのボランティア受け入れでお世話になったNGOの方の写真もありました。川掃除の成果とも言える、投網で魚を捕まえる男性。それと祭の風景。

また、直接お話を伺った、写真集を出した方の写真集の写真。

お名前を見ると胸がいっぱいになりました。

会場には若いスタッフがいっぱいでそれもうれしかったです。大槌未来新聞を買って帰りました。

3月11日の前日でした。

|

« 酒と醸し料理 BY | Main | ツナカレー缶 »

日記4」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 酒と醸し料理 BY | Main | ツナカレー缶 »