« 秋の朽木 | Main | お久しぶりの猫 »

2015.10.25

昔取った杵柄…薪割り

昔取った杵柄…薪割り

昔取った杵柄…薪割り
松枯れの立木を切り倒し、輪切りにしたものを小さい斧で割り、乾燥させます。

小学生たちが割っていたので、飽きたら代わろうと待ち構えていたのですが、ちっとも飽きない。安定感のある薪割りを続けているのでびっくりでした。今までに何度も薪割りしているそうです。薪割りを見守っている親御さんはたいしたものだと感心しました。私は怖くてどきどきでした(^_^;)

うちの岡山の実家では風呂焚きは子ども(中学高校と)仕事で、私たちは薪小屋から一輪車(手押し車)で薪を運び出し、斧で割って焚きつけていました。

もう何十年も薪割りしてないので不安でしたが、作業の最後に一個だけ割ってみると、自然に腰が入ってちゃんと割ることができました。腕の力だけではなく、腰が大事なのです。

体で覚えたことは忘れないものですね。

パッカーン

と割れると気持ち良くて、ストレス解消になります(^_^)v

気持ち良かった〜(*^_^*)

|

« 秋の朽木 | Main | お久しぶりの猫 »

日記4」カテゴリの記事