« 米心 | Main | ハニービー ネイビーハンバーガー »

2015.10.20

米心 その2「新政」

渋谷の米心さんの続きです。

せっかくだから関西であまり見かけない「新政」を飲みたい!とお店の若い男性にお願いしてみると、次々に名前を挙げられて私たちはプチパニックに。

「新政」は種類がすごくあり、更に実験的な酒ももよく出されているようです。
米心 その2「新政」
左が「NO.6」X-type 2014で、右が「cololrs秋桜」純米大吟醸2014年。カラーズというのは酒米によってラベルの色を決めているシリーズだそうです。このピンクのラベルは「改良信交」を使っています。

米心 その2「新政」
「亜麻猫」とか女子の心つかみ過ぎやろ!
14度、15度の低アルコールシリーズでL(ロング)とS(ショート)があります。イラストが長毛種と短毛種の猫になっています。憎いわー。

ラベルからデザインに細心の注意を払っているのがわかります。
米心 その2「新政」
「NO.6」2014年R-type(レギュラー) 生酒。

米心 その2「新政」
これはNEXT5の「ENTR,SAKE」です。5人の若手蔵元さんが協力して造っているお酒で、今年は「新政」の佐藤酒造さんが担当されたとか。箱の中には説明の小冊子が入っているのですが、そこに貼り付けてあったのは、もと(酒母)温度ともろみ温度の記録グラフ。

どれだけの日数をかけて、温度はどれくらいで管理したかが丸わかりです。

これもにはびっくりしました。日本酒のお蔵に伺うと、タンクごとにこのグラフが下げてあります。どこの蔵でもつけているグラフですが、それを出来上がった酒に付けて出荷しているのは見たことありません。

更にこのお酒は、きもと、杉桶仕込み、オーク樽。。。

米心 その2「新政」
さてさて、いろいろ飲みましたが一番衝撃的だったのは、金賞受賞酒でした。

たいていの金賞受賞酒は、市販されている大吟醸ではなくスペシャルスペックのものが多いですが、「新政」は普通に市販されている大吟醸で受賞したそうなのです。香りもおとなしめ。酒米は「美郷錦」30%精米。

びっくりでした。しかも、その酒が米心さんで飲めるというのもすごい。


雑誌やムックで見ていただけの「新政」などのお酒を味わえて、江戸の姉御と二人で意見言いあえて楽しかったです!

店員さんがお酒に詳しいって、ほんまにいいわあ!ありがとうございました!


米心(まいしん)
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 道玄坂スヤマビル B1F
03-3464-1644
不定休

|

« 米心 | Main | ハニービー ネイビーハンバーガー »

日本酒全般」カテゴリの記事