« 昨日のパンとラーメン | Main | ほろ酔いセット »

2016.05.30

岡村本家で朝市のお酒選び

岡村本家で朝市のお酒選び
岡村本家で朝市のお酒選び
岡村本家で朝市のお酒選び
岡村本家で朝市のお酒選び
岡村本家で朝市のお酒選び
昨日の日曜日は午後から岡村本家さんへ。6月の朝市のお酒選びに伺いました。

岡村本家さんでは、まだやっと甑倒し。搾りを待つもろみがありました。

そして、蔵を改造した発酵カフェも新たにオープンしていて、驚くことばかりでした。

きき酒は発酵カフェ二階で杜氏の園田さん、蔵人の池島さんが対応してくださり、手作りのアテまで何種類も準備していてくださいました。

それは、「金亀」が酒だけより食べ物と一緒のほうが実力を発揮するタイプだから、というはっきりした理由によるものでした。

チーズ、メキシコ料理、チキンのトマト煮も違和感なし。川エビの佃煮、キャラブキの煮物は最高に相性が良かったです。

岡村本家さんのお酒の特徴は、わかりやすい味の違いと10%ごとの精米歩合です。

今回は新酒の生酒を40%から80%までと60%の加水火入れの「梅のいおり」とを並べていただきました。

米違い、酵母違いでそれぞれ個性的です。父の日用ということで、迷った末に精米歩合60%のホッとする昭和の日本酒のイメージ「梅のいおり」とフレッシュな「金亀」と「滋賀渡船6号」の「蔵祭り限定」に決定。タイプの違う還暦60才のお父さんというコンセプトです。

蔵祭り限定版は蔵でしか売っていないお酒を特別に朝市に出していただきます。これは「滋賀渡船6号」の酸が効いていて味が濃くキリリとしています。

6月の朝市をお楽しみに(^o^)/

|

« 昨日のパンとラーメン | Main | ほろ酔いセット »