« 朝市「金亀」ありがとうございました! | Main | 里山の草花 »

2016.06.20

麦の家

麦の家
麦の家
麦の家
麦の家
麦の家
土曜日は出張で大津市にある麦の家に伺いました。子どもたちと里山で遊ぶプログラムを取材するためです。

門を入ると昭和の始めにタイムスリップしたかと思うような光景が広がっていました。

ヨシ葺きの母屋、手植えの田んぼ、畦豆、田んぼの中のオタマジャクシ、きれいに刈り込まれた田んぼの周り、山からの冷たい水の流れ。

畑には雑草がなく、ふかふかに耕されています。

鶏小屋には白色レグホンではなくどっしりした黒い鶏。

母屋には大きな自在鍵と囲炉裏があります。障子に竹の天井、夏に涼しく過ごせる古い家屋そのものでした。

岡山の実家では小学校の友達のうちに遊びに行ったら、藁葺き屋根のおうちで山から引いた水が流れっぱなしだったし、庭に鶏が放し飼いされ飛び回っていたのです。実家も長い間、風呂は薪で炊いていました。

そんなことを思い出しました。

小さな頃に体験したことは、大人になってもふとした拍子に思い出して、もう一度できたりします。

今回は川遊びと里山の山歩きと木登り。

こんな昭和な暮らしに触れる1日は、子どもたちにとってかけがえない体験になるでしょう。

|

« 朝市「金亀」ありがとうございました! | Main | 里山の草花 »