« 里山のキノコ | Main | 岡村本家 「金亀」100% »

2016.06.21

このダニ野郎!

土曜日は里山の自然をのんきに満喫していた私。まさかこんな危機が訪れるとは!

それは月曜日に発覚しました。

膝に近い太ももの内側にある、ホクロ。じっと見ていると足がある!?

もしや、これが話に聞くマダニでは?

大きさは直径3ミリくらいで肌の表面にぴったり張り付いています。

すぐネットで調べると「無理に引っ張ると、ダニの頭部が皮膚の中に残るので皮膚科に行くこと」を勧めています。ライム病、ツツガムシ病、最もひどい時は死に至る病を媒介することがあるとか。

こんなマダニが自分の足に食いついている状態かと思うと内心パニックでしたが、我慢して仕事しました。

仕事が終わったらすぐに近所の皮膚科を探して受診しました。

ホルマリンでマダニを殺し、麻酔を注射してから皮膚をハサミでパチンパチン切って取り除いてもらいました。ヒイィー。・゜゜(>_<)゜゜・。

先生が切り取ったものを見せてくださったのですが、マダニは見えず小さな肉の塊でした。

糸で縫って、バンドエイドを貼り無事終了。私の中では大手術でした(>_<)

でもまあ、悪いことばかりではなく、いいこともあります。「てめえなんぞ、人の生き血をすするマダニ野郎だ!」というセリフを実感を込めて言えます。(いつ言うのかは置いといて)

手術前の私に食いついているマダニの画像は撮りましたが公開は自粛します(^_^;)

|

« 里山のキノコ | Main | 岡村本家 「金亀」100% »