« 秋晴れの豊公園 | Main | JR宇治駅周辺 »

2016.11.14

宇治田原町で生物調査

昨日の日曜日、仕事で宇治田原町に行きました。生物調査に同行してレポートするためです。

JR宇治駅からバスで路線の終点まで乗り、少し歩いたところにある総合センターに集合。

マンホールのフタには茶摘みの風景が。
宇治田原町で生物調査
茶摘みがデザインされたマンホール。
宇治田原町で生物調査
道路標識には町の木「お茶」が。
宇治田原町で生物調査
総合センター前の鳥のオブジェ。体育館前には国体が開催された時の記念の合気道少女の銅像がありました。

また、写真を撮り忘れましたが、柿屋と呼ばれる干し柿作りのための建造物が藁と竹などを組み合わせてあり、びっくりしました。つるし柿ではなく、屋根の下に並べて乾かす方式でした。宇治田原町の季節の風物詩だそうで毎年NHKが中継に来るのだとか。

そんな柿屋を見ながら里山を歩き、途中から林道へ。お昼時に小さな山のふもとに着きお弁当タイム。その後、山の頂上の三角点を見に行きました。
宇治田原町で生物調査
これは、お弁当を食べた時、見上げた青空です。


後は違う道を里山へと下り、センターへ帰りました。

ぐるっと一周7.1キロメートルの行程を9時スタート、午後3時ゴールで歩きました。ペースは小学四年生に合わせゆっくり。だから、私も遅れずに歩けました。

道中、見つけた珍しい植物は封筒かジプロックに入れて持ち帰り、スタッフに同定してもらいます。

私は何も採取しませんでしたが、キノコを見つけるとキノコに詳しいスタッフになんと言う名前か食べられるかを聞いていました。

ムラサキシメジ、ベニナギナタタケ、ヌメリイグチなど、林道の光が差さない道沿いにたくさんありました。

道路に小さな蛇が牽かれていたのを参加者のグループが見つけて持ち帰り、絶滅危惧種ヒバカリだとわかりました。宇治田原町にはまだ豊かな自然が残っていることが実感できました。

帰りのバスでは疲れて本気で寝てしまいました。

翌日、今朝はやんわり筋肉痛です(^_^;)

でも、お天気に恵まれ、気持ちのよい1日を過ごすことができました。ありがとうございます!

|

« 秋晴れの豊公園 | Main | JR宇治駅周辺 »

日記4」カテゴリの記事