« 夕べのマンゴーアイスと朝食 | Main | 今年初の新酒「大治郎」純米よび酒 本生うすにごり »

2016.12.09

アニメ映画「この世界の片隅に」

アニメ映画「この世界の片隅で」
今日は仕事前に映画を見に行きました。

前から見たかった「この世界の片隅に」です。

終戦前に結婚して呉に嫁いだ、すずさんの生活を描いています。

悲惨さや被害者視点は特に強調しては感じられず。淡々と必死に生きていく家族、ほんわかした幸せ、ユーモア、若い夫婦の愛情などが丁寧に描かれていました。

空襲はひたすら恐ろしかった。広島に落とされた原爆は呉の家では早朝に真っ白な光でした。その瞬間、私は音をたてて息を飲んでしまいました。

数字や単なる文章で読むしかない当時のことが歴史の一コマじゃなく、血の通った市井の人々の人生として感じられました。だからこそ、戦争の恐ろしさが生々しく我こととして感じられるのです。人間が人間らしく生きたくても生きられなくなるぞ、と。

広島弁は私の実家の岡山弁と似ていて、「しとりんさる」「しとってじゃ(敬語)」など時々同じだ、とドキッとさせられました。

切なく、残酷なことがあっても笑いで乗り越えていく姿に、なんとか最後まで見られましたし、見終わった後の感覚も悲しみだけではなかったのです。

この映画はクラウドファンディングで撮影資金を集めてできたところも、素晴らしい。エンドロールには出資者の名前が全て表示されていました。

この映画を映画館で見られて良かったです。

|

« 夕べのマンゴーアイスと朝食 | Main | 今年初の新酒「大治郎」純米よび酒 本生うすにごり »

日記4」カテゴリの記事