« 焼き鮭弁当とお花見弁当 | Main | 免罪符 »

2017.02.28

ハスのなれ寿司をアテに

ハスのなれ寿司をアテに
ハスのなれ寿司をアテに
昨日の毎日新聞の滋賀版掲載、滋賀の酒蔵巡りは、高島市の福井弥平商店でした。

あひるの酒MEMOでは「雨垂れ石を穿つ」をピックアップ。

圧倒的な情報量を持つスペシャルなお酒ですが、合わせるアテに悩んでいたところに、松瀬酒造の松瀬社長さんのFacebook記事に、このお酒にマッチするものを発見!

「松の司」のお酒の会がシンガポールで開催された時に出された組み合わせが、鮒寿司にハチミツをかけたものと「雨垂れ石を穿つ」。

我が家の冷凍庫にあるもので?さっそく試したのが写真のハスのなれ寿司です。ハチミツは、同じく高島市の朽木の栃蜜。

あのね、びっくりするほどハスのなれ寿司と飯とハチミツが合うんです。酸味としょっぱさと甘さが全部複雑で、それと旨味が合わさった分厚い味わい。バランスが取れています。

「雨垂れ石を穿つ」のハチミツみたいな甘い香りと酒自体が生臭さをさっぱりさせてくれます。

この組み合わせを考えた人はすごいです!ありがとうございました!

お皿は、Tちゃんが勤める骨董店で買った明治の頃のもの。ハチミツが見えます?一緒に漬けてあるご飯が飯(いい)です。

|

« 焼き鮭弁当とお花見弁当 | Main | 免罪符 »