« August 2018 | Main

2018.09.22

「ライター山口吾往子さんに海外の日本酒についてお話を聞く会」のお誘い

SAKETIMESなどで活躍中のライター山口吾往子(あゆこ)さんに海外の日本酒事情についてお話を聞く会を開催します。

日時:11/2(金)午後7時から9時
会場:Tent10(テントテン) 二階座敷
    〒525-0059 滋賀県草津市野路2丁目5−6
会費:4000円(お弁当&海外で醸された日本酒の利き酒&滋賀酒)
定員:19名。うち9名を募集します
内容:始めの1時間は、山口さんが取材して来られた、スペイン、アメリカなどの日本酒蔵など、海外の日本酒事情のお話。次の1時間は、お弁当を食べながら、海外の日本酒を味見、滋賀酒を飲み、自由歓談です。山口さんに、自由にご質問いただけます!

純粋に今海外の日本酒造りがどうなっているか、SAKETIMES記事だけではわからない、生々しいお話が聞きたいという気持ちだけで企画しました。海外の日本酒は、たぶん3種類。酒米「渡船」がカリフォルニアに渡って今でも食べられるお米として生産されているという、壮大な話もあります。

海外の日本酒を取り寄せるのは桁違いの額になります。今回は一部山口さんがご好意で提供してくださるので、参加費これくらいで済ませることができました。貴重な機会だと思います!

ぜひ、ご参加ください!

申込み:iegamoahiru☆gmail.com まで お名前と携帯番号を添えてお申込みください。
      (☆を@に変えてください)

キャンセルについて:前日の正午までにお願いします。それ以降&当日キャンセルは2500円をお支払いただきます。

|

2018.09.21

秋のおやつ

秋のおやつ
秋のおやつ
マンゴーパフェはもういない、
秋のおやつがやってきた!

プリン&白玉ぜんざい!

ぜんざいは、まるであんこ。あー、秋の味。

美味しくいただきました!

|

第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!

第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
第1回 滋賀地酒の祭典in東京 で本を売って来ました!
9/17(月祝)は、東京交通会館で、滋賀地酒の祭典が開催されました!

第1回ということで、前々から皆さまそわそわしておられたのですが、まさか私もその場に居合わせることができるとは! ここ滋賀を運営するUDSさんのお声掛けがあり、会場で本を売らせていただくことになったのです。

ありがとうございます!

始まるまでは台風や集客苦戦か?

と心配する声も聞こえていたのですが、当日は晴天!

実行委員長の藤居さん、晴れ晴れした表情で開始前の挨拶をされました。

お店の方を対象にした第1部、一般の方を対象にした第2部、どちらも盛況でお酒販売コーナーはてんてこ舞い。

ロゴマーク缶バッチガチャガチャの横で私は本を販売しながら、ガチャの様子を見ていました。調子が悪くてたいへんでしたが。

最後の方は、上機嫌のお客様で陽気な雰囲気に。

とにかく、本当に良かったです!おめでとうございました!

お手伝いの江戸の姉御は、背中に全蔵元直筆サイン入りの法被を着て大活躍でした。

もちろん、滋賀地酒維新会も全員が蔵元ブースに入ってお手伝い。

小川酒店さんも台風の被害の後片付けで欠席された吉田酒造ブースで販売。

5時間立ちっぱなしでしたが、心地よい興奮とともに疲れを感じませんでした。

さて、次は?
月曜には滋賀地酒の祭典が、10月1日には10000人で乾杯イベントです!

|

2018.09.14

浅野日本酒店祇園別邸で滋賀酒ご一緒しませんか?

浅野日本酒店祇園別邸で滋賀酒ご一緒しませんか?
浅野日本酒店祇園別邸で、ふたたび滋賀酒イベントを企画してくださいました!

ぜひご一緒に滋賀酒を飲んで、器の違いを感じるなど楽しい時間を過ごしましょう!

お申込みは、

—————————
滋賀県の酒蔵は、滋賀県酒造組合に加盟している蔵だけで33蔵。大きな蔵はありませんが、どの蔵も個性が光ります。
今回は、滋賀の酒蔵を取材・執筆し、本も出版しているライター、家鴨あひるさんをお迎えし、滋賀酒の魅力をたっぷり語っていただきます!
厳選した7~9種類の滋賀酒と、それぞれを引き立てる料理をご提供。
さらに、器によって同じ酒でもどう変わるか、温度を上げた時の味わいの変化など、いろいろなお酒の楽しみ方もご紹介します。
滋賀酒の魅力、料理とのペアリング、新たな日本酒の楽しみ方など、盛りだくさんの2時間にしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

★参加ご希望の方は、フェイスブックイベントページ参加ボタンをポチッとしてください。
あるいは、お電話でお問い合わせください。
お連れ様がいらっしゃる場合はメッセージをお願いします。

◎日時:2018年9月28日(金)19:00-21:00
◎会費:4000円
◎定員:12名
◎提供品:浅野日本酒店で取り扱いのある酒蔵のお酒を中心に、滋賀のお酒7~9種類と、それぞれに合ったお料理。
◎浅野日本酒店祇園別邸
京都市東山区大和町6-6 ラテンビル2 2F
tel 075-741-7197
※キャンセルはなるべくお控えください。9/27以降のキャンセルは2000円申し受けます。
—————————
写真は、前に参加した、浅野日本酒店祇園別邸イベントの時のもので、今回のお酒ではありません。雰囲気だけ。

|

2018.09.08

風に倒れた稲、幸屋の蕎麦定食

風に倒れた稲、幸屋の蕎麦定食
風に倒れた稲、幸屋の蕎麦定食
風に倒れた稲、幸屋の蕎麦定食
風に倒れた稲、幸屋の蕎麦定食
台風が過ぎ去って、ツメ跡が。
田んぼの稲が倒れたところもあります。

街路樹も、倒れなくても枝が落ちたとか折れたとか。

木曜日は、近江八幡市の幸屋さんで、いつもの蕎麦定食。

北海道の地震は、乳牛業者の方にも大きな打撃を与えたようです。やっと電気が復旧して良かった!

西日本、大阪も、まだまだ復旧には程遠い。それに北海道。東日本、熊本もまだなのに。

これから長い道のりですね。

|

2018.09.06

信州へ

信州へ
信州へ
信州へ
信州へ
信州へ
信州へ
信州へ
先週の週末、信州へ行きました。

スーツケースに二升、滋賀酒を詰めて。

信州なのに何故か、北海道の海の幸でおもてなしいただきました。

帰りは関西へ台風が直撃した日で、既に琵琶湖線はストップしていました。

そのため信州から車で送っていただきました。

帰宅後、すぐに暴風雨圏に入ってうちが風で揺れていて恐ろしく、車で信州まで無事にお帰りになったか心配しました。

無事帰宅されたと知らせがあり、ホッとしました。

しかし、翌日になると大阪や京都、滋賀県の高島市などでひどい被害が出ていることがわかりました。

きっと、情報が集まると被害状況がはっきりしてくると、まだまだ多くの被害がわかることでしょう。

フェイスブックで観ると、蔵元さんでは、屋根瓦が飛んだり、壁が落ちたり、庭木が折れたりといった被害があったそうです。

高島市マキノ町では、吉田酒造さんのある海津の通りの電柱が折れて、ずっと停電だとか。料亭の湖里庵さんは、あの優美なお座敷が、屋根が吹き飛び無残な姿に。胸が痛くなりました。

その上、今朝のニュースでは、北海道の大きな地震を知りました。この地震も恐ろしく規模が大きく、地元の皆さんの気持ちを思うと朝から悲しみに沈んでしまいました。

大阪地震、西日本豪雨もあわせどうか、被害を受けた皆さんの暮らしが、一日も早く復旧しますように。

|

2018.09.01

幸屋で蕎麦定食 青パパイヤとは?

幸屋で蕎麦定食 青パパイヤとは?
幸屋で蕎麦定食 青パパイヤとは?
幸屋で蕎麦定食 青パパイヤとは?
木曜日のランチは近江八幡市の幸屋さんで蕎麦定食を食べました。

熱々の野菜天ぷらも美味しかったのですが、小鉢の青パパイヤと人参のサラダが、初めての食感でびっくり。

青パパイヤは、生で千切りにしてあり、弾力のあるシャキシャキ。

面白いわー。

充実の800円。

|

« August 2018 | Main