« November 2018 | Main | January 2019 »

2018.12.28

馬肉料理のホースマンでプチ忘年会

馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
馬肉料理のホースマンでプチ忘年会
夕べは職場の上司と2人でプチ忘年会でした。会場に選んだのは、草津駅そばのエルティ932地下、ばんから横丁にある、ホースマンというお店。

最近出来たらしく、まさか馬肉料理のお店とは知らずにすぐに前を通り過ぎていました。

とにかく、馬刺しの階段盛りというメニューの写真に心をわしづかみされ、一番に注文!

霜降り、ロース、赤身など普通の部位はもちろんですが、右上の白い白子や、ハツ、馬レバーなど初めて食べる部位にびっくりしました。

白子は延髄。シルキーな舌触りと弾力性のある食感は癖になりそうです。レバーはコリコリとしてて甘い。

馬肉美味しいですね!

その上、滋賀酒もたくさん揃っているので、私達は大満足でした。上司(飲み友達)は、「金亀」白80があることで、特にうれしそう。

それから、「大治郎」山廃、「一博」「道灌」滋賀渡船6号など。熱燗もつけてくれるので更にうれしい!

野菜も卵、チーズも滋賀産だそうです。他のお料理も美味しかったです。

カウンターもあるし、駅前だし、ちょっと乗り換え時間にでも、使えそう。

幸せな忘年会でした。今日は仕事納め。頑張ってきます!

|

2018.12.27

事務所で忘年会

事務所で忘年会
事務所で忘年会
事務所で忘年会
そうそう、忘年会の報告をしてなかったです。14日の金曜日、仕事を終えてから事務所で忘年会を開催しました。

御近所のお寿司屋さん、ひさご寿司さんから仕出しを注文しておき、滋賀酒と。

一人前2000円プラス税で、伊勢海老、う巻きまで付いてて良かったですよ!

楽しかったなー!

|

2018.12.26

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会

おゞ杉で鰻しゃぶしゃぶ忘年会
祝日の月曜日、夜は大津市のおゞ杉さんで忘年会でした。浜大津こだわり朝市の小川酒店とゆかいな仲間たちで。

メインは鰻しゃぶしゃぶ!これがどんだけ美味しかったか!

しかも、その前には鴨の鉄板焼きですよ。

1年間の締めくくりに相応しい内容でした。というか、感謝しかありまません。

また、来年もがんばろう!

おゞ杉(おおすぎ)
滋賀県大津市中央3-4-30
077-526-3824
定休日:日祝

|

2018.12.24

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした

酔inで忘年会でした
三連休の2日目、夜は石山駅近くの日本酒バー酔inさんの忘年会に参加しました!

席に座れるのは10人くらい。あとはスタンディングです。

私は前回の句会で寝坊したので、開始前に行き、無事着席できました。

それぞれ、お弁当を作ってくださっていたので、安心。美味しかったわー。

テンペの甘辛煮をおむすびに付けてあるのも、おいしい。

それと、ホルモンとコンニャクの白味噌煮も絶品。見事に熱燗が欲しくなる攻撃です。

お酒は年に一度のオール「広戸川」。どれも美味しかったー!時々燗酒ももらいつつ堪能しました。

お客さんはたぶん私より全員年下。若い日本酒ファンを育てるお店なんです。

酔inの皆さま、来年もよろしくお願いします!

|

2018.12.23

あひる父の酒武勇伝

今日はクリスマスイブイブ(って言うのか?)、岡山の実家の父の誕生日です。亡くなってから何年経つでしょうか。そうそう、あれは「酒と語りと醸しと私」イベントの第2回の年でしたから2011年だと思います。


とにかく父は酒好きでした。とにかく楽しくなりたいから飲む、酔いたいから飲むという感じで、味わう、嗜むというような上品な愛し方ではありませんでした。

そんな父の酒武勇伝を振り返ります。


(1)からみ酒

仕事から帰って来る時、かなり酔っ払っていたことも多く、帰宅すると子どもに「全員集合」命令が出されました。正座させられ、ねちねちとからまれて泣くまで許してくれませんでした。

そんな父のことを小学生の私は、担任の先生に提出する日記にこう綴ったことを覚えています。

「お父さんはとてもやさしいけど、お酒を飲むと鬼のようになります」。

って、ちょっとー、これ完全にあかんやつ!!

気を取り直して……。


(2)友達酒

とにかく父は普段は陽気で明るく、外面がよかったそうです。母は「お父さんは、会う人合う人『ワシの親友じゃ!』いうて、どんだけ親友が多いんじゃ?」と言っていたくらいです。

私が実家で部活動の同窓会をした時には、無関係なのに父が乱入してきて上機嫌で私の同級生たちと飲みまくったあげく

「今日はワシのために集まってくれてありがとう!!」と退場していきました。

いや、誰もお父さんのために集まってないから!


とにかく「今日は一緒に飲んでくれてありがとう!」「うれしいのう!」と繰り返す、誰とでも友達になる酒でした。


少し挽回!


(3)詩人酒

私がまだ中学生だった頃。

父は居間で一人で飲んで盛り上がっていました。

と、突然そばにあった硯に墨汁を注いだかと思うと、筆にたっぷりとふくませて襖に黒々と文字を書き始めたのです!

あっけにとられる家族一同。


漢詩もどきの七五調の文字が襖一面に書きつけられ、最後に「子らへの遺言」と締めくくられました。


それを見て母激怒。

「遺言なんて縁起の悪い!やめんさい!」

そこで父はあわてて文字を付け加え「子らへ遺す言葉」としました。


翌朝、起きてきた父は居間の襖を見て真っ青に。

「これはワシが書いたんか?」


そうです、父は自分が得意げに「遺言」を書きつけたことを忘れていたのでした。

この時の襖は、父の酔った時のしわざを戒めるため、古ぼけるまでずーーっと居間でそのまま使われていました。最初は圧迫感がありましたが、すぐに慣れて気にならなくなりました。その後、岡山を離れていると、いつの間にか新しいものに替わっていて残念なことに写真は残っていません。


まあ、こういうのはネタにもなるし許せる酒ですね。

|

2018.12.22

今年最後のホワイトボード・ミーティング 練習会

今年最後のホワイトボード・ミーティング 練習会
今年最後のホワイトボード・ミーティング 練習会
今年最後のホワイトボード・ミーティング 練習会
金曜日の夜、今年最後のホワイトボード・ミーティング®︎の練習会がありました。

いつものメンバーに加えて、京都の認定講師の女性とで4人でした。

いつもと違って、最初の説明無しで最後まで走り通し。

会議の練習の中で自分の今年を振り返ってみました。ちょっと整理できて、来年の目標がうっすら決められたかな?

終わってから、いつものようにプチ打ち上げ。でも、マルコーさんも串八さんも壺さんも満席。

エルティーイ932の地下、ばんから横丁の、ナマステ・タージマハルにやっと落ち着けました!

カレーのスパイスの香りが、元気を引き出してくれました!

今年を振り返り、来年もがんばろう!と、みんなで楽しく食べて飲みましたヽ(*´∀`)

|

2018.12.19

ローカル・サケ・キャノンボール 島根県編に参加しました

日曜日の朝、朝市が終わったら次は京都へ。日本酒コンシェルジュ主催のイベント、ローカル・サケ・キャノンボールの島根県の回でした。

講師は岡山県の北部、西粟倉村の酒屋、酒うららのオーナー、道前さん!

あちこち出張講座や日本酒バーを開催されていて、去年は大津市ノミビョウタンさんで燗酒講座をされたのでそれに参加して以来、久しぶりです。

島根県の酒5種類を、常温と燗酒できき酒してコメントを出し合います。

Img_9547_3

燗をつけてくださるのは、もちろん道前さん!

どの酒も、常温では素っ気ない辛口という印象だったのに、燗酒になると甘味が出てふくらみます。いわゆる燗映えするんです。

それは、島根県の特徴というか、道前さんのチョイスの結果なのでした。

蔵元さんが、そういうサケを目指して仕込んで熟成させてから打っているそう。できた時から甘いと、時間ご経過するうちに甘過ぎてしまう。だから、最初は甘くないのだそうです。

甘いというか、旨味というか、そういう酒に慣れていると、常温の時感じたように素っ気ない辛口だと感じてしまいます。ところが温めると甘さや旨味が出て美味しいと感じるのでした。

そして酒だけで完結しない、というのも目指すところ。何か食べながら飲むと美味しい酒でもあるのです。

5種類のうちのある酒について、私のコメントは、常温では

味わい 割と薄い、前の酒より旨味は少ない、甘くない。あまり好みじゃないタイプ。


としていました。この酒を燗にした時のコメントは、

味わい 優しい甘味が広がって旨味が出てきた。日向にいるみたい、ポカポカした感じ、口触りが滑らか。

印象が一変した、この燗は好みだわ、おでんとかあったかい食べ物、煮物と合わせたい。

と、本当に変わりました。

それからは、第2部の懇親会。会場のアトリエ円卓さんは、(京都市上京区)ケータリング業もやっているそうで、美味しいお料理を提供してくださりました。訪問までされたとかで、島根県にちなんだお料理も!


出雲蕎麦、厚揚げの煮物、アゴちくわ、小芋と鯛の煮物、甘くない小豆の雑煮、青海苔とシジミの味噌汁、など。

Img_9541_3


道前さんがつけてくださった、燗酒と合わせて美味しかったです!

Img_9550

今回も、主催の日本酒コンシェルジュのお2人に感謝。道前さん、ご参加の皆様、ありがとうございました。


やっぱ、燗っていいな!
上手な人は、その酒の一番よい温度を決めて、美味しさを引き出してくれます。

まだ美味しい燗酒を体験してない方は、急いで飲んでみてください。

| | TrackBack (0)

2018.12.17

師走の浜大津こだわり朝市、ありがとうございました!

師走の浜大津こだわり朝市、ありがとうございました!
師走の浜大津こだわり朝市、ありがとうございました!
師走の浜大津こだわり朝市、ありがとうございました!
お天気のよい日曜日の朝、今年最後の浜大津こだわり朝市が開催されました。

今回は、恒例の活性にごり酒と一本締め。大津市内の平井商店さんのご協力のお陰です!しかもお忙しい中、蔵元杜氏の弘子さんがお手伝いに駆けつけてくださり、一緒に一本締めもお燗も販売も試飲も全部に大活躍。有り難いことです!

風はほとんどないけど、それでもしんしん冷えてきました。

そんな日でも、常連のお客様がたくさんおいでくださって「浅茅生」、活性にごり「剣呑(けんのん)」をお買い上げくださいました!

本当にありがとうございました!

|

2018.12.09

ツイッターオフ会 あたらナイト報告

ツイッター上の繋がりがリアルでも広がってきたと感じている、あひるです。

そんな時、オフ会に誘っていただきました。ローカル•サケ•キャノンボールでもご一緒している、のびのびさんです。

参加者をお聞きすると、結構面識のある方が多く、安心して出かけました。


ツイッターオフ会 あたらナイト報告

ところが蹴上駅から山の方へ、道は寂しくなるばかり。本当に道はあっているの?心細くなる山の中。

Googleマップの指示で最後迷ってしまいましたが、のびのびさんの送ってくださった会場の門の写真を頼りにやっとたどり着いたのは、とある立派なお宅。この門から入り、中のお座敷での開催です。こちら、フリースペース、貸し会場なのです。

ツイッターオフ会 あたらナイト報告

今回はテーマなしで酒と肴を持ち寄り、参加費は場所代や水代として千円ポッキリ。

参加者はツイッターで日本酒大好きなツイートをされている方々、私を含めて6名でした。中には名古屋から来られたツワモノも!

ツイッターオフ会 あたらナイト報告

持ち寄りの品々は、カラスミ、酒盗とクリームチーズ、天むす、名古屋名物守口漬、京都の名物鯖寿司、いぶりがっこ、おせんべい。あひるは、小鯛の昆布締めとサヨリのささ漬け。

見事な肴盛り合わせとなりました!

ツイッターオフ会 あたらナイト報告

Ponさんが持参された活性にごり酒は、期待通り……爆発。このにごり酒とは、黒にんにくがベストマッチ!
初恋とは遠い、どろどろでこってりテクスチャーの甘酸っぱい地平が広がりました。

自己紹介と持参したお酒の説明を済ませてからは、わいわい食べて飲んで。楽しくしゃべっていたのだろうな、と思います。ええ、途中から記憶が途切れ途切れです。

ツイッターオフ会 あたらナイト報告

まだ日暮れ前の時間で終了、となるはずが、会場の大家さんが一升瓶&漬物とともに参加され、一気にヒートアップ!

このお屋敷の造りの素晴らしさを理解して、しきりに感心する参加者がいらっしゃったので、大家さんが屋敷を見せてくださる展開に!

網代に欄間、それだけではない、見る人が見ればうなるような宮大工さんの見事な細工が施されているらしい。

茶室や洋間も素敵でしたよ。

とっぷりと日が暮れてから片付けて帰りました。

ツイッターオフ会 あたらナイト報告

日本酒以外で異様な盛り上がりを見せた、日本酒あたらナイト。あたら夜とは、明けてしまうのが惜しい夜、という意味だそうで、まさにその通りの会となりました。

東京方面ばかりでオフ会があるのは悔しいやん?ということから始まった、このオフ会、次回から定期的な開催も決まったそうです。また、参加したいです(*´ω`*)

主催の、のびのびさん、ご参加の皆さん、大家さん、ありがとうございました!

|

2018.12.05

熱々の麺類が恋しい、など近況報告

熱々の麺類が恋しい、など近況報告
熱々の麺類が恋しい、など近況報告
近況報告は、いろいろな件について少しずつ書きました!

興味のある見出しの部分だけお読みくださいね(*´꒳`*)

(1)麺食い

もともと熱いうどんが大好きなのですが、冬になるとラーメンも食べたくなります。

ダシのきいた熱々スープは冷えた身体の内側からあたためてくれますねー。サイコー!


(2)お酒の会

夏を過ぎてから、ローカル酒キャノンボールに参加するようになり、酔in酒句会を始めお酒のイベントにも以前より参加しています。

楽しいし、学ぶことが多いのですが、乏しい軍資金から連続しての参加は厳しいものがあります。

師走は何かと飲む機会が増えるので、財布の紐を引き締めていかねば!

それに、肝臓もお疲れ気味(^^;;

ということで、せっかくのお誘いをお断りすることもありますが、あしからずお許しください!


(3)酒ディプロマ受験勉強

すっかり勉強から遠ざかってしまいました。このままでは不合格間違いなし。

SNSに使う時間をもっと減らすべし。ってわかっちゃいるけどやめられない!


(4)俳句 ホトトギス派

俳句ドリルの本を先達からいただき、通勤電車で毎日お題を一つ出されるので、それに答えて句を詠んでいました。題があるといろんな発想で詠めて楽しくなり、もうすぐ25題。しかし、ここ一週間ほどはスランプに陥り詠めません。

熱しやすく冷めやすいのか!


(5)ホテルピアザ淡海の地酒プラン

ホテルのレストランで食事をする時、滋賀酒6種類の中からお好きな3種類を選んで飲める、そんなプランを実施中!

▼20周年謝恩  近江の地酒飲み比べ付き宿泊プラン

地酒の選択と説明は、あひるが担当しています。

大津市で宿泊なさる方は、ぜひ地酒プランをお選びください!


(6)新酒

滋賀酒も新酒ラッシュを迎えています。ぴちぴちシュワシュワのお酒があちこちに出回っています!

今だけの美味しさを楽しみましょう!


(7)誕生日のプレゼントいただきました

先月お誕生日だったので、プレゼントをいただきました!

真紅のバラを添えて、プチケーキまで。

作家さんのサイの置物、小鯛のささ漬け、チーズとベーグル、スプーンとフォーク、ブックカバー、など。

皆さま、ありがとうございました!写真はありません^^;

|

2018.12.03

朝市お酒選びに平井商店へ

今月の浜大津こだわり朝市は、大津市の平井商店さん「浅茅生」です。

日曜日の午前中、小川酒店と愉快な仲間たちでお酒選びに伺いました。


12/16(日)の浜大津こだわり朝市では、

恒例の #活性にごり #一本締め で、賑やかに試飲量り売り!
お酒は蔵の残り全部を囲った美味しい「浅茅生」無圧搾り生原酒 吟吹雪、エロうま!
搾りたて新酒、ペットボトル活性にごりの3種です。お楽しみに!
お忙しいところ、平井商店の皆様、ありがとうございました!








iPhoneから送信

|

2018.12.02

ローカル酒キャノンボール 長野県後編

またまた、日本酒コンシェルジュ主催の、ローカル酒キャノンボールに参加しました。
日本酒に地域性があるのは本当なのか、実際に試そう、という連続イベントです。
事前に日本酒コンシェルジュのお二人が県別でその県の特徴が表れていると思われる酒を4-6種類選んでくれます。当日は、まずブラインドできき酒し、参加者が準場にどんな酒かコメントしていきます。
全部きき終えたら、銘柄、製造蔵、などを明らかにして、この県の酒はどういう印象なのかを話し合います。
今回は、長野県の2回目、西側編。結構黄色い酒が多くて驚きました。黄色いのは、個人的には、全く気になりませんか、熟成を連想しますね。
それと、苦味がもれなくついてくる。やっぱ、山菜とかナッツの渋皮とかに共通する苦味なのかな?という話になりました。
くるみ味噌いいね!くるみの苦味、甘めの味噌、お酒とあいました。
ただ、前回の野沢菜炒めとなめ茸のように全部の酒と合うわけではなくて、合う合わないがありました。
もしかしたら、今回のお酒と違う地域だったから?と思いました。たぶん違うけど。

最初はあまり香りを感じなかったのですが、途中から復活。他の皆さんのイメージを聞くうち、自分の中の感じ方が引き出されるように思いました。
いつもありがとうございます!
#sake






iPhoneから送信

|

« November 2018 | Main | January 2019 »