« July 2019 | Main | September 2019 »

2019.08.30

る川 再び

Img_7734Img_7733Img_7739Img_7743Img_7744Img_7747Img_7749Img_7753Img_7754

火曜日の夜、再び、瀬田駅から近くの割烹る川さんを訪ねました。

上司(飲み友達)が、一次試験合格のお祝いに飲もう!と言ってくださったので、る川さんをご紹介したのです。

2人なら、色々飲めるし食べられます。

きき酒セットは2セット6種類。

そして、八寸、琵琶ますの天ぷら、イチジクの天ぷら、琵琶ますのタタキ、近江牛握り雲丹のせ!

どれも美味しい!(当たり前だけど)

る川の大将、店長のゆうすけさん、美味しいし、楽しい時間をありがとうございました!

藤本酒造の畑田さんは、危険を察知したのか、おみえになりませんでした。神開Tシャツ着て行ったのにー残念?

|

2019.08.29

冨田酒造 見学

Img_7619Img_7620Img_7627Img_7640Img_7642Img_7651Img_7654Img_7656Img_7658Img_7661Img_7662Img_7665Img_7666Img_7672Img_7674Img_7678

この前の日曜日は、小川酒店さんのご好意で、長浜市木之本にある冨田酒造さんを訪問し、古い蔵と新しい蔵の両方を見学させていただきました。

その日は、木之本地蔵尊の縁日最終日。初めて見る、にぎやかな木之本の町に驚きました!

冨田泰伸さん、お忙しい中、きき酒までさせていただき、本当にありがとうございました!

|

ガナッシュアソートでお疲れ様!

Img_7729Img_7726Img_7724Img_7722Img_7730

先日、会議に上司(飲み友達じゃない)が、こんな可愛いガナッシュアソートを持って来てくださいました!

上質な生チョコ!
宝石箱みたいに色とりどりに輝いています♡

味もひとつひとつが違っていて、美味しい!

でも、何故?

「前に、あの件が片付いてひと段落したらケーキ食べようね!」と
おっしゃっていたのをやっと思い出しました(^^;)

あれは、何月だっけ。
でも、甘さと美しさに癒されました!ありがとうございます?

ボスは、3個でリタイアし、私達は5個くらいいただきました。うっとり……

|

2019.08.27

8月の浜大津こだわり朝市、ありがとうございました

Img_7530Img_7539Img_7547Img_7549Img_7552

8月の浜大津こだわり朝市は、「一博」4種類!

以前は、全部緑ビンでラベルも白で、売り手も買い手も混乱したのですが、今回は、ビンもラベルもいろいろ!

中沢さんもおいでくださいました!ご来場、お買い上げ、皆さまありがとうございました!

|

2019.08.26

‪SAKEDIPLOMA‬ 一次合格 祝いランチ る川

Img_7580Img_7583Img_7586Img_7588Img_7589Img_7590Img_7594Img_7596Img_7597Img_7598Img_7604Img_7606Img_7609

土曜日の朝、SAKEDIPLOMAの2回目の一次試験のため、京都駅から徒歩10分くらいの、試験センターに行きました。

前回は、うっかり遅刻して受験できず
すごすごと帰ったので、今回は30分前には到着しました。
試験会場は、パソコンを使う試験専門のようで、自習室のように仕切られた机に一台ずつパソコンが置かれ、何も持たずに入場。

説明の紙を読んで、自分の試験を選んでスタートします。質問と、答えが4つ、ラジオボタンで選び、次の問題のページへ移動します。

100問題を1時間で回答していき、時間が来たら自動的に画面に合否が表示されて、それを印刷して証明書として受け取りました。

無事、合格!

1週間は酒断ちして頑張ったので、合格したら、ランチと昼酒と決めていました。

いつもInstagramで ハッシュタグ「滋賀酒」で記事を読んでいるのですが、そこに流れてくるのが、瀬田駅近くの割烹る川さんで、ランチが2500円というので、心に決めていました。

念のため電話で予約してから行ってみると、今しか食べられない、琵琶マスの丼御膳が!もう、これ一択です!

他にも、猪と鹿のローストや、鰻の肝など、珍しいものが品々。大喜びです。

そして、更にうれしいことに滋賀酒の種類の多いこと!3種類のきき酒セットが千円だし!

お酒を担当されている若い板前さんは、なんと、京都のハンナさんのお客さんで、藤本酒造さんの若手、畑田さんとも仲良しだとわかりました。

いろいろ滋賀酒のことを調子に乗ってしゃべっていると、大将が「これが詳しくですよ」と、「滋賀酒」本を出してきてくださったのです。感激!

お料理も美味しいし、滋賀酒は押してくださってるし、もう最高!

また行きたいお店が増えました!

る川さん、ありがとうございました。


iPhoneから送信

|

2019.08.22

銀杏堂 不老泉を楽しむ会のご案内

Img_9166Img_9080

今年3月にオープンしたばかりのバー銀杏堂が、初のお酒の会を開催することになりました。

 

トークゲストに上原酒造社長上原績さんをお招きし、

 

進行は『滋賀酒』著者、家鴨あひるが行います。

 

上原社長さんには、滋賀酒の魅力や「不老泉」の造りについてお話いただきます。

 

トーク終了後はフリーで上原さんとお話しながら「不老泉」を味わってください。

 

東京で蔵元さんとお話できる貴重な機会です。ぜひ、おいでください。

 

■日程 10月5日(土)

 

小さなお店なので、二部に分けます。

 

◼️お酒は「不老泉」5種、

 

それと

 

①部 発酵をテーマにしたお料理

 

②部 簡単なおつまみ

 

 

 

◼️時間

 

①16:00〜18:30

 

②19:00〜21:30

 

 

 

◼️定員

 

①7席とプラス補助席3席

 

②14名まで

 

 

 

◼️参加費

 

①部は5千円 ①②部 通しは6千円(②部 席は少ないので半着席、譲り合いお願いします。)

 

②部のみ 3500円

 

 

 

◼️お申込み

 

お名前、メールアドレスか携帯電話、人数を明記して

 

銀杏堂フェイスブックページ

からメッセージ、あるいは

 

家鴨あひる メール iegamoahiru@gmail.com

 

まで、お知らせください。

 

 

 

◼️銀杏堂

 

東京都千代田区富士見2-3-7 ビューティーライフ富士見4F

 

・JR中央線【飯田橋駅】西口 徒歩3分
・東京メトロ有楽町線・南北線・東西線【飯田橋駅】徒歩5分
・都営地下鉄大江戸線【飯田橋駅】徒歩7分

 

・飯田橋駅から202m

 

 

 

 

 

 

 

|

2019.08.16

北海道旅行 帰路フェリー

Img_7384Img_7385Img_7387Img_7389Img_7390Img_7392Img_7394Img_7395Img_7397Img_7398Img_7400Img_7403Img_7406Img_7408Img_7411Img_7418Img_7420Img_7422

小樽の夜、中華料理屋 好さんの後、横丁のニッカバーで一杯やってからフェリー乗り場へ。

じゅんちゃんには、丸二日もご案内いただき、本当に感謝しかありません。

乗り場でお別れして、フェリーに乗船しました。

昔乗った時のタラップは波止場から乗船口まで三階建てのビルくらいを歩いて登ったのですが、今や切符売り場の三階までエスカレーター、そこからは常設のタラップで平らな道を歩いて行けるのです。ムービングウォークまであります。バリアフリーが進んでますね!

夜11時半に小樽港を出て、翌日の夜9時半に舞鶴港に入る予定です。

三等だったか、雑魚寝の部屋が昔はありましたが、なくなっていました。今では二段ベッドにカーテンを閉めてプライバシーを確保できるようになっていました。

船内はクーラーが効いて涼しく、食事はカフェテリア方式のレストラン。グレードの高い予約制のグリルもあります。

お風呂も自由に入れたので昼間に行ってみると、ほぼ独り占め。湯船からは真っ青な海と空が見えて爽快でした。海の色はまるでブルーの入浴剤を溶かしたようにキレイでした。

でも、デッキに出ると蒸し暑いので、窓から日の出と日の入りを見るのがよかったです。

ボーッとしていると、夜になり、少し予定より早く入港しました。

フェリーターミナルの前から、神戸三ノ宮駅前バスターミナルへ直通バスが出ているのでそれに乗り、このひの夜は三ノ宮のホテルに一泊。

北海道旅行もこれでおしまいです。

行きは飛行機、帰りはフェリーと、違う交通手段だったので楽しめました。俳句も少し作れたし、つまり吟行ですね!あー、楽しかった。お世話になった皆さま、ありがとうございました!

|

2019.08.15

北海道旅行 その5 旭川から小樽へ

Img_7203Img_7201Img_7207Img_7209Img_7221Img_7223Img_7226Img_7230Img_7234Img_7237Img_7238Img_7242Img_7246Img_7250Img_7253Img_7257Img_7260Img_7265Img_7270Img_7277Img_7284Img_7287Img_7289Img_7291Img_7293Img_7295Img_7298Img_7301Img_7309Img_7326Img_7329Img_7333Img_7338Img_7341Img_7350Img_7352Img_7356

旭山動物園を切り上げ、旭川駅に戻り、隣のイオンで旭川ラーメンとサッポロビールランチ。

懐かしの味とのそとね、確かに基本的な美味しさでした!

旭川駅は地元の木材がふんだんに使われていて、テーブルやイスも市内の木工会社の製品を置いてあります。よく見ると、小さなQRコードが。じゅんちゃんの話では、気に入ったら同じものが買えるシステムだとか。素晴らしいですね。

壁には一本ずつに名前が刻まれています。この駅の建築に関わってスタッフの皆さん全員の名前なのだそうです。すごい!自分の仕事を形に残して家族に見せることができる!

この駅の構内の雰囲気は木材がゴージャス!

またまた急行に乗って札幌駅まで。そこから快速に乗り換えて小樽駅に30はくらいでしょうか。

駅のテーマは、裕次郎さんにちなんでガス灯とヨットらしく、あちこちに意匠があり、楽しい!

建物自体も古いそうです。素敵!

この駅に、自転車でたどり着いた時の感動が少しよみがえり、私はコーフンしていました。

ここからはじゅんちゃんの案内で、小樽の町に残る洋館めぐりです。

アーケードの中に、すごく古い純喫茶があり、コーヒーを飲んで一休みしました。ものすごく渋い喫茶店で、トイレが名物というので、お借りしました。すごかったです。撮影禁止なので、写真はありません。残念。

それから、古い蔵を改装してインドの洋服のお店を経営されているところに行って、二階を下から覗いているうち、可愛いワンピースに一目惚れ?

涼しげなパンツと、2着も購入してしまいました。だって、奥様、可愛すぎるんですもの!

それから、旧日銀の支店や、旧銀行に支店、旧役所などを見て回りました。どれもこれも、北海道開拓時代を今に伝えてくれる素晴らしい建物ばかり。どんだけ栄えていたの?という感じでした。

そんな中に、表面に貼られているのが岡山県北木島の花崗岩という建物が!これは昭和の初期の建築ですが、とても細部にまで凝ったデザインです。思わず石に手を当てて、挨拶をしてしまいました。ええ石じゃ!

倉庫を改装した、お土産物売り場の中庭で、地ビールを飲みながら少し涼しい風に吹かれ、イチャつく鳩のカップルを眺めて休憩。

なんて贅沢な時間でしょう!

そこからは道路を渡れば有名な小樽運河です。

今や小樽観光の要となっている運河ですが、一時は不要となり埋立てて道路になるところだったそうです。しかし、市民が反対したため、半分だけ残ることに。

ちょっと待って!これは完全にデジャヴですよ、滋賀県近江八幡市の八幡堀のストーリーそのままです。

なんか、他人(?)とは思えなくなりました。残してくださってありがとうございます!

日暮れ前に、地元中華のお店、好(ハオ)さんで夕食。美味しかったです?

|

2019.08.13

北海道旅行 その4 旭山動物園

Img_7200Img_7188Img_7180Img_7174Img_7173Img_7170Img_7152Img_7139Img_7133Img_7125Img_7118Img_7112

旭川市で句会に参加した翌日は、旭山動物園へ!

行動展示、本当に目にすると興奮しました!

目の前に寝るアザラシ、スィーっと上へ、下へ泳ぐアザラシ。

水槽の中を飛ぶように歩く河馬!

すぐ上の網に毛をはみ出しながら寝るピューマ(か、ヒョウ)!

文字通り水の中で飛び回るペンギン!

子どもに戻って楽しみました。

|

2019.08.11

北海道旅行 その3 旭川市へ

Img_7045Img_7051Img_7055Img_7062Img_7069Img_7070Img_7072Img_7074Img_7077Img_7079Img_7081Img_7089Img_7090

北海道旅行、札幌で泊まって翌日は旭川市で開催される、雪華俳句会へ!

待ち合わせは、アイヌの男性の彫刻で。

お酒つながりのじゅんちゃんにお誘いいただいて、一緒に参加させていただきました。

札幌駅から特急列車に乗って、見る見るうちに車窓からは牧草地が広がるのが見えて来ました。

旭川の市民センターみたいなところの一室を借りて句会が定期的に開催されているそうです。

驚いたのは施設にクーラーという設備がないこと。窓からの風が唯一の冷房です。それで普通に句会が行えるのですから、やっぱ涼しいんですね。関西では絶対無理ですよ。

帰宅後、調べてみたら、同じ時刻に旭川と大津で気温差が20℃ありましたよ!

さて、句会のほうは、未経験ではないものの、素人ですから参加することに意義がある!と堂々と投句。

皆さまが温かく迎えてくださり、主宰の先生も広い心で指導してくたさったので、楽しく過ごすことができました。

飛行機の中で作った句
眉月は夜の帳に縫取られ

句会の後は、ビルの屋上のビアガーデンでジンギスカンとビール飲み放題でした。

ジンギスカンは思った以上にモヤシが多くて汁たっぷり。焦げないで煮る感じ。美味しかったです。ビールは機械が注いでくれました。

それから、二次会でも飲み放題で赤ワインを飲み、北海道名物のザンギを食べ、皆さんの尽きないお話を聞いていたような気がします。

地元の方とご一緒してお話したり、句会に参加したり、楽しかった!旅行でなかなかそんな経験したことがないので、貴重な経験となりました。

雪華俳句会の皆さまありがとうございました!


|

2019.08.09

北海道旅行 その2 札幌ビール祭り

Img_6987Img_6991Img_6993Img_6995Img_6996Img_7001Img_7014Img_7017Img_7020Img_7023Img_7026Img_7027Img_7030Img_7033Img_7038

北海道旅行、2日目です。

札幌のホテルで、2人の友人と落ち合い、3人で札幌大通り公園へ向かいました。

ビール祭りが旅行の目的の1つだったのです。

プレミアムモルツ、サッポロビール、スーパードライ、世界のビール、ドイツ村というエリアに分かれています。

世界のビールエリアで飲んでから、ドイツ村へ移動。乾杯の歌を歌って楽しみました。ドイツの覚悟は違うレベル!

本当に札幌の短い夏を楽しみました!

|

北海道旅行 セントレアから札幌

Img_6941Img_6943Img_6946Img_6956Img_6965Img_6969Img_6972Img_6973Img_6975

金曜日の午後からお休みをいただいて、翌週の水曜日まで北海道旅行へ行ってきました。

セントレアから新千歳空港へ飛行機で飛び、千歳で一泊。

翌日は千歳から札幌へ。

ホテルが狸小路に面していたのですが、夏祭り真っ最中でした。

お昼は、HUGというところの屋台村で、厚岸の牡蠣!

地酒「福司」の純米酒がめちゃ合う?

幸せでした!

|

« July 2019 | Main | September 2019 »