2017.06.12

来月朝市は冨田酒造

来月朝市は冨田酒造
日曜日は来月朝市のお酒選びに冨田酒造さんへ伺いました。トミーこと冨田泰伸さんが対応してくださり、新しい蔵にも案内してくださいました。

お酒はまだ詳しくは公開できません。来月をお楽しみに!

|

2017.06.03

朝市のお酒選び 平井商店

6月の朝市では平井商店さんの「浅茅生」を扱わせていただきます。今日は小川酒店と愉快な仲間たちとお酒選びに伺いました。

出産されてから初めてお会いした杜氏の弘子さんは、お顔が痩せてお母さん顔に!びっくりしました。

朝市のお酒選び 平井商店

170603_100501

火入れも生もいろいろ出していただきましたが、朝市で売り切れとなる「浅茅生」純米吟醸生の最後の10本を出していただきます!いい感じの甘さと酸味で、これは美味しいです。


170603_100502

170603_100503

また、朝市デビュー「米和飲(こめわいん)」生も、スッキリした酸味が白ワインを連想させる食事とともに飲みたいお酒。そして、大津市北船路産の山田錦で造り龍谷大学の学生の皆さんがプロデュースした「北船路」。とてもバランスがよいので、初心者から飲んべえさんまで幅広く美味しいと言っていただけるお酒を選びました。

もしかしたら、赤ちゃんを抱っこした弘子さんがおいでくださるかも!赤ちゃんのご機嫌次第ですけどね('◇')ゞ

浜大津こだわり朝市、お待ちしています!

170603_110802_2


|

2017.05.04

「19歳の酒」参加者募集中


今年度も「19歳の酒」参加者を募集されています!!
かどやさんのブログから以下、転載。
わくわくしてくる、いい文章なのです。
大阪・京都・滋賀・福井などなど、お近くに来年1月成人式を迎えるお子さんをお持ちの方、
ご検討ください!

-------------------------------------

泥だらけの田んぼで足が抜けなくなった事ありますか?
あぜ道に座り込んで青空見上げてオニギリ食べた事ありますか?
そして、お米が日本酒に生まれ変わる時の音を聞いた事がありますか?

まだお酒が飲めない、未成年の19歳。
そんな時から自ら、田植え→稲刈り→お酒の仕込みを経験して
20歳を迎えて初めて口にする日本酒が自分達で造ったお酒だったら・・・


めちゃくちゃ素敵だと思いませんか!?


そんな19歳の若者達を情熱溢れる酒屋と酒蔵さんや農家さん、
そして愛情たっぷり飲食店さん達がサポートします!!


という事で・・・

2017年3月31日時点で満19歳の、関西一円に住む男女求む!!

【参加費用】各回現地(滋賀県東近江市)までの各自交通費実費のみ
【募集期間&人数】2017年5月上旬頃まで 

【年間スケジュール】

  ★酒米の田植え 2017年5月中旬~下旬
  ★案山子作り 2017年7月下旬~8月上旬
  ★酒米の稲刈り 2017年9月後半の日曜日予定
  ★お酒の仕込み体験 2018年2月に予定
  ★搾りあがったお酒をタンクから利き酒 2018年3月上~中旬の日曜日予定
  ★2018年4月1日~ 『19歳の酒』発売開始!協力飲食店さんでも提供開始

【『19歳の酒』に関するお問い合わせ】 19sake@gmail.com
興味を持ってくださっている19歳もしくはお知り合いの方は、上記メールよりお問い合わせ下さい。
【エントリーフォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=347907

かどやさんのブログ記事↓
http://kadoyasake.exblog.jp/24079474/

|

2017.05.02

第二回 おさけ日和@大津パルコ のお知らせ

昨年、第1回がめちゃめちゃ盛り上がった、おさけ日和が今年も開催決定!
朝市スタッフの「小川酒店とゆかいな仲間たち」もお手伝いとして参加します。
前売りはお早目に!
今年も滋賀の日本酒蔵元さんがご参加くださいます。顔ぶれは昨年と総入れ替え。
お楽しみのレア酒タイムもあり!

以下はフェイスブックページより転載↓
------------------------------------------------
「おさけ日和」が今年も開催決定!大津パルコ前三角広場に滋賀県内12蔵の蔵元と、滋賀県内のお店自慢の肴が勢ぞろい! “近江の地”で“近江の地酒”と“近江の食”を楽しんでいただく日本酒イベントです。そして今年は大津パルコで2週間開催される「日本酒マニアック博」と連動した企画!琵琶湖を中心とする豊かな環境で育まれた近江の美酒を是非味わってください。

【日時】
5月28日(日)11時~16時

【会場】
パルコ前三角広場及び円形広場(雨天決行)

【金券】
お酒を購入する金券は当日も購入できます.。
お得な前売りチケットはイープラスにアクセス後「おさけ日和」で検索(4/10より販売開始)!
◆前売り 1,500円(金券100円×20枚)e+(イープラス)※数量限定
◆当日券 1,000円(金券100円×10枚)/500円(100円×5枚)

【その他】
◆受付で「前売りチケット」と「金券」券引き換え時に飲酒用のカップをお渡しします。当日券(金券)を購入の場合は購入時にお渡しします。
◆お酒は金券引き換えとなります。
◆お酒は60mlで金券2枚~(一杯200円~)。
◆フードコーナーでは滋賀の特産品を扱う店舗や飲食店がお酒に合う肴を販売します。
◆物販テントでは、日本酒に関連する物品や書籍、ミネラルウォーターを購入できます。

※チケット購入時にお渡しするカップは使い捨てではありません。繰り返し利用いただくのでお帰りまで捨てないでください。
※お酒はチケットでの引き換えのみとなります。
※金券は「お酒」の購入と物販テントの「ミネラルウォーター」「持ち運びトレー」購入のみ使用できます。
※フードは現金で購入となります。
※金券は降り切れ次第販売終了とさせていただきます。
※金券の払い戻しは致しかねます。
※未成年の方も入場可、お酒の提供は20歳以上になります。

【参加酒蔵】
太田酒造(道灌) ・岡村本家(金亀) ・喜多酒造(喜楽長) ・冨田酒造(七本鎗) ・浪乃音酒造(浪乃音) ・畑酒造(大治郎) ・藤居本家(旭日) ・古川酒造(天井川) ・美冨久酒造(美冨久) ・矢尾酒造(鈴正宗) ・山路酒造(北国街道) ・吉田酒造(竹生嶋)

【参加飲食店】
鮒味(鮒寿司) ・馬杉湖魚店(佃煮) ・スモーク工房 杣人(燻製) ・Tent10(ホットドッグ) ・焼き立てパン工房 よりみちパン(惣菜パン) ・butcher bar 十八 -とっぱち-(近江牛ローストビーフ丼) ・ラーメン モリン(ラーメン屋のアテ盛り) ・立ち飲み 雷恩(焼きそば など) ・お食事処 夕鶴(鮒寿司コロッケ)

【物販テント】
匠屋(燗酒道具) ・「日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ」(書籍・著/松浦すみれ) ・ミネラルウォーター・持ち運びトレー

【協賛】
大津パルコ ・小川酒店 ・加藤酒店 ・酒の金澤 ・酔醸会

【音響】
PARTY LIFE ENTERTAINMENT

【主催】
滋賀日本酒維新会
「日本酒Bar 十八番 ・駅前酒場 御蔵 ・お酒と愛情一品 ノミビョウタン ・お酒とアテと 酔in ・立ち呑み なないちいち ・鷄と魚とお酒 直 ・他」

|

2017.03.20

近江の新酒きき酒会は今日!

近江の新酒きき酒会は今日!
お天気の祝日、今日は近江の新酒きき酒会の日です!

会場は大津プリンスホテルコンベンションホール。

入場料は2000円ですが、県内の蔵元の新酒三昧できます!素敵なイベント。

終わってからも居酒屋さんでアフター企画が。

石山の十八番さん、そして膳所のノミビョウタンさん。のそいてみてください!

|

2017.03.19

今日は浜大津こだわり朝市!佐藤酒造&近江酒造ダブル!

今日の浜大津こだわり朝市は、長浜市の佐藤酒造さんと東近江市の近江酒造さん、2蔵です!

ぜひ4種類のお酒を比べてくださいね。

あひるは仕事なので今回は欠席します。でも、お蔵さんから応援がありますのでお楽しみに!

場所は京阪浜大津駅そば、時間は朝8時から正午まで。

|

2017.02.19

今日は浜大津こだわり朝市!

今日は浜大津こだわり朝市!
よいお天気になりました。今日は浜大津こだわり朝市です。

11時くらいに美冨久藤居社長さんもおいでくださるかも(*^_^*)

「美冨久」4種類のお酒でお待ちしています!

京阪浜大津駅そばにて朝8時から正午まで開催中!

|

2017.01.22

女性のための“かもす”初心者講座 ~かもすって何? かもしたらどーなるの?~ のお知らせ

京都に昨年秋オープンした、かもす家さんのワークショップ、
豪華な内容!

その中で、あひるも1コマ担当させていただくことになりました!
「さて、高島のお酒を呑んでみましょう」
2月14日(火)18:30~19:30くらい
参加費:800円(高島市内5蔵のお酒各30mlと肴1品付)
定員:先着20名様ただし女性限定

詳しくはリンク先のページで、応募要項をご確認のうえ、
申込み先に直接お申込みください!

女性のための“かもす”初心者講座 ~かもすって何? かもしたらどーなるの?~

|

2016.11.22

第9回 文化ビジネス塾(at藤居本家)のお知らせ

急なお知らせですが、今度の日曜日に藤居本家にて、近江の地酒についてお話をさせていただきます。
会場は立派な欅の柱が支える大広間です。

講演&蔵見学が終わったら、その大広間にて
「旭日」を飲みながらの宴会!!!

木曜日中に申し込めばOKです!
ぜひこの機会に藤居本家の全てをお楽しみください。

お申込みは、一番下のお申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、
コピペしてメールあるいはFAXで、あひるでなく
直接文化・経済フォーラム滋賀 事務局までお送りください。


------------------------------------------------
第9回 文化ビジネス塾

文化・経済フォーラム滋賀第2回総会(2012.2.11)「文化で滋賀を元気に!する提言」に盛り込まれた「文化ビジネス塾」。 
企業活動に文化が織り込まれ、その結果として文化の活性化につながるものが、これにあたるとし、新しい文化ビジネスの開発に格好の舞台であるこの滋賀で、先行事例に学び、文化ビジネスのこれからを会員のみなさまと一緒に考えます。                      
今年度も、それら発祥要因と考える地域を訪ね、そこから生まれた文化に焦点をあてます。

日 時 平成28年11月27日(日) 13:30~16:20
①13:30~15:30 講演・意見交換
②15:30〜16:20 藤居本家酒蔵見学

場 所:藤居本家(愛知郡愛荘町長野793)

講 師:居藤 鐵也 氏(滋賀県酒造組合会長、藤居本家七代目蔵元)
     家鴨(いえかも)あひる (元きき酒師・ライター)

定 員:30名

参加費:800円 ※資料代・茶菓代ほか(当日徴収)

日 程

内 容
13:05 JR稲枝駅集合(タクシーにて移動)
※山科駅12:20発新快速・野洲行き→(野洲駅 快速乗換)→稲枝駅13:03着
※長浜駅12:03発新快速・姫路行き→(彦根駅 快速乗換)→稲枝駅12:45着

13:30~14:30
 講演①「なぜ、いま近江の地酒なのか」 講師:家鴨あひる
蔵元の個性が際立つ近江の地酒の魅力と日本酒を取り巻く現状、これから期待することなどを、消費者の立場からお話しいただきます。

14:30~15:10
 講演②「滋賀県酒造組合と藤居本家の取り組み」 講師:藤居 鐵也 氏
今年、近江の地酒でもてなし条例が施行されたなか、33の蔵元が所属する「滋賀県酒造組合」と、その蔵元を引っ張る「藤居本家」の取り組みをご紹介いただきます。

15:10~15:30 意見交換
15:30〜16:20 藤居本家酒蔵見学
16:20 解散(予定)→ タクシーにてJR稲枝駅へ
※稲枝駅16:43発快速・網干行き→山科17:31着 
※稲枝駅17:03発快速・米原行き→(彦根駅 新快速乗換)→長浜駅17:37着

★終了後、「交流会(参加費4,000円)」を藤居本家で予定しておりますので、ご希望の方は、併せてお申し込みください。

申 込:下記のフォームにご記入のうえFAX、E-mail等でお申し込みください。

締切:11月24日(木)中に必着
 ※詳細については、改めてご連絡いたします。

お問い合わせ 文化・経済フォーラム滋賀 事務局
(公財)滋賀県文化振興事業団 事務局本部内
〒520-0044 大津市京町四丁目3番28号
TEL:077-522-8369 FAX:077-522-9647
E-mail:bunka-keizai@shiga-bunshin.or.jp

-----------------------キリトリ----------------------------
第9回 文化ビジネス塾(11/27) 参 加 申 込

お名前(ふりがな):
ご所属:
ご連絡先 TEL:
メール:

※ 交流会(4000円) 参加希望  あり ・ なし

-----------------------キリトリ----------------------------
送 信 先:
FAX 077-522-9647
メール bunka-keizai@shiga-bunshin.or.jp


|

2016.10.11

『近江の地酒でもてなし、その普及を促進する条例』制定記念講演会

今度の土曜日、滋賀県の条例制定記念講演会があります。
無料ですが申込みが必要です。少し空席があるとか。
お問い合わせください。

この協議会って、必ず最後に宴会があるのがとても「いいね!」


▼詳しくは滋賀県のサイトへ

『近江の地酒でもてなし、その普及を促進する条例』制定記念講演会

日 時 平成28年10月15日(土曜日)15時30分から17時まで
場 所 滋賀県庁北新館3階中会議室(滋賀県大津市京町四丁目1-1)
内 容 協議会構成員5名によるショートスピーチ講演会
  【講演者・テーマ(案)】
   1.滋賀県酒造組合 会長 藤居鐵也 氏
     テーマ:『滋賀の自然風土と酒造り』(30分程度)
   2.滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合
      理事長 山本清藏 氏
     テーマ:『本県の宿泊者の嗜好傾向と
           地酒でのおもてなし』(以降各15分程度)
   3.公益社団法人滋賀県栄養士会
      会長 小澤惠子 氏
     (滋賀県立大学人間文化学部生活栄養学科准教授)
     テーマ:『健康でおいしい地酒との付き合い方』
   4.酔醸会事務局・ライター・元きき酒師 幡郁枝 
     テーマ:『消費者から見た近江の地酒の魅力、
            地酒普及への関わり方の提案』
   5.京都華頂大学 現代家政学部食物栄養学科 
      学科長 堀越昌子 氏
     テーマ:『郷土食など滋賀の食文化と地酒』
定 員 70人
申 込 講演会への参加を希望される方は、10月13日(木曜日)までにファックスまたはメールにて以下の項目を明記のうえ申し込みをお願いします(様式任意)。
1.氏名
2.連絡先(電話番号・ファックス番号・メールアドレス)
3.「10月15日地酒講演会参加希望」と明記ください。
 
●第2回近江の地酒もてなし普及促進協議会・交流会について
 講演会当日は、以下とおり「第2回近江の地酒もてなし普及促進協議会」および「交流会」も開催します。
【第2回近江の地酒もてなし普及促進協議会】
 県では、条例に基づき、近江の地酒でもてなし、その普及を促進することについて協議する協議会を本年7月に設置しました。構成員は、近江の地酒の製造、流通、消費等に関係する団体・事業者から推薦のあった者、学識経験を有する者、その他必要と認められる者17人で構成しています。
日 時 平成28年10月15日(土曜日)14時30分から15時まで
場 所 滋賀県庁北新館5階5-A会議室
内 容 協議会各構成員による取組実績・活動予定報告など
その他 傍聴可能ですが、会場の都合により人数制限する場合があります(事前申込制)。

【交流会】
 協議会構成員参加による、近江の地酒を飲みながら地酒の魅力を語り合う交流会を開催します。ぜひ一般の方も御参加ください(事前申込制・会費要)。
日 時 平成28年10月15日(土曜日)17時45分から
場 所 スタンド林屋(住所:大津市梅林1丁目2−5、電話:077-522-5502)
      ※JR大津駅北口(びわこ口)より徒歩1分
会 費 3,000円
定 員 20人(先着順)


【申 込】
 参加を希望される場合は、10月13日(木曜日)までにファックスまたはメールにて以下の項目を明記のうえ申し込みをお願いします。
1.氏名
2.連絡先(電話番号・ファックス番号・メールアドレス)
3.「10月15日地酒協議会参加希望」「10月15日地酒交流会参加希望」など、出席を希望される内容を明記ください。
 ※定員に達した時点で受付を終了します。参加の可否は、10月14日(金曜日)までに御連絡いたします。
                                
●留意事項
・参加に当たっては公共交通機関の利用をお願いします。
・滋賀県庁新館2階玄関からの入場をお願いします(それ以外の入口からの入場はできませんのでご留意ください)。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | 『近江の酒蔵』改定版への道 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 旅行・地域 | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道