2018.01.15

霜と雪の朝

霜と雪の朝

霜と雪の朝

霜と雪の朝
今朝、仕事へ向かう道では、霜が降りていて、霜柱をザクザク踏んで行きました。

電車から降りると、夢がところどころに溶け残っていました。

寒い朝!
おとといと昨日はセンター入試、受験生のみなさんは、今朝どんな気持ちで目覚めたのでしょうか。気合いを入れ直して頑張って!

|

金曜日の湖西線

金曜日の湖西線

金曜日の湖西線

金曜日の湖西線

金曜日の湖西線
金曜日は振替え休暇。湖西線で川島酒造さんへ伺いました。

素晴らしい景色に、心も晴れ晴れ。

|

2018.01.08

スマホ依存症

スマホ依存症
祝日の月曜日、朝食後に苺をのせた杏仁豆腐とコーヒー。スマホは画像もキレイでうれしいな。

今朝の「0655」たなくじは、
「昼食はカレーが吉」
でした。なんか、脱力感が(^_^;)

さて、年末にスマホデビューした私ですが、同時にスマホ依存症にもデビュー!
ここ数日、体調を崩して自宅療養中なので、更に依存症も加速しています。

ずーっとスマホ見ていたら、楽しいー!( ´∀`)

やっぱ、ツイッターが面白いです。自分の興味ある人だけフォローしていれば、興味のある分野の話題が多い訳だし、皆さんほぼお金もらわずにつぶやいているから、井戸端会議的な雰囲気で気楽。と言っても、会話でも会議でもなく、単につぶやきが断片的に聞こえてくるだけですが。

ツイッターで、自分から情報発信することもあります。つぶやきをリツイートしてもらったらうれしい。

フェイスブックは知り合いの人の近況チェック用。近くのイベント情報などもありがたい。ずっと引きこもっていたから、これからは積極的に参加したいです。

ネット楽しい( ´∀`)

しかし最近テレビが、ネットで人気の動画を紹介する番組を流しているのは、どうかと思います。そんな安あがりで安易なんでええんか?特にNHKな!

|

2017.12.27

忘年会 その2

忘年会 その2
夕べは、仕事関係の忘年会でした。
自分の子どもくらいの年齢の人も多かったのですが、時事問題やら、職場、過去の恋愛やら、いろんな話題が出る場で、楽しかったです。

なんか、振り返りでいい言葉を言ってくれる人もいて、オバハン、うるうるきちゃった。

写真は、手搾りグレープフルーツチューハイです。

日本酒は「北島」のたぶん純米吟醸があって、冷たいけどおいしく飲みましたー。リピートもー。

|

2017.12.24

お茶でも

お茶でも
コーヒーばかりじゃなくて、フレーバーティもね。
カラフルなパッケージもお気に入りです。

|

2017.12.23

クマと旅する予感

Img_0003s

このクマを一目見た時、私にはこのクマと旅に出る予感がしていました。

そのうち、旅先からのお便りをアップすると思います。

#しかし、写真を小さくしたら向きが……。このままじゃ旅先からアップするのは難しい気がする~(>_<)


|

スマホデビュー

ずっとガラケー主義の私でしたが、昨日ついにスマホデビューしました!

何がなんだかわからない!

このブログも初めてスマホからアップしています。うまくいくかしら。

スマホだけでなく、いろんなことにチャレンジしています。新しいものを買うことも、私にはチャレンジ。思い切ることが必要なんです。

旅行にもずいぶん行ってなかった気がします。旅行に行くことを想像するだけで、心が浮き立つのを感じます。芭蕉か?!

|

2017.12.21

「すべての四月のために」をみたあとに

この前の観劇の感激を、翌日facebookに書いたものをこちらにも公開しておきますね。
少し重なる部分もありますが。

-------------------------------------
さて、昨夜のことです。(長いです。芝居の感想です)

昨日はいつもの仕事はお休みで、お昼過ぎまで用事を済ませて帰ってパソコンを開いてみると、facebookで「体調が悪くなったので誰か代わりに京都に劇を見に行きませんか?」というお友達が!

私、行けるやん?行こうかな、いつ?
とじっくり読み直してみると。

「今日の夕方18時半開演……」
って、えーーー!? あと3時間半。

しかし、行けると判断したので即座にメッセージを送り、お友達の最寄り駅までチケットを受け取りに行きました。改札ごしにチケットを受け取ると数分後に新快速に乗り、京都のロームシアターへ。

タイトルは「すべての四月のために」。主演はV6の森田剛さん、他に私が知っている役者さんはNHK「LIFE」の臼田あさ美さんと西田尚美さん。テレビドラマで見知った俳優さんもちらほら。チケットを見た時点では正直、森田剛さん目当てのジャニーズファンが詰めかけて、ちょっと普通とは違う雰囲気になるんじゃないか?と危惧していました。まさかウチワなんか持ってないよな^^; みたいな……。

さて、無事に指定の席に座り、開演です。

時代は第二次世界大戦末期、舞台は韓国の小さな島。
理髪店を営む、名前さえ日本式にされた韓国人、安田家の夫婦と四人姉妹と周囲の人々の、愛と憎しみ、喜びと悲しみ、希望と絶望のストーリーです。

私が最後に観劇したのは、たぶん十年くらい前だと思います。普段はテレビっ子なので、劇には慣れていません。←言い訳

そんな私が一言で感想を言うなら、人間の醜さも美しさも全てを温かく描いていて、見た後に胸の奥の奥の小さな部分が少し希望を持てたような感じでした。(劇中に出てくる日記の中のキーフレーズを引用したつもりだが、うろ覚え)

まず、いつもテレビを見ているからか、びっこ、かたわ、などの言葉や片足の将校、足を引きずる女性が出てくるだけで、あっ!と思いました。

劇って、これができるんですね!すごい力だと感じました。

最初は、なんだか遠い時代の遠い場所の知らない人たちの話だったので、わざとらしい笑いだとかに、入り込めないな、とちょっとよそよそしく思っていたのです。ところが最後は登場人物みんなが身内みたいに思えて、カーテンコールで順番に出て来た姿を見るとその人の過去のシーンがよみがえり、うるうるきちゃいました。

舞台で手をつなぎアンコールに応える皆さん、仲良さそうでした。

しかし、森田剛さんやるなー!

私の印象は、森永の小枝(こえだ)のCMで「小技(こわざ)?」と首を傾げる森田剛さんしかありませんでした。あれから、すごく努力してきたんだなあ(ToT)(←何様?)

一人でスポットライトを浴びようなんて、一瞬もなく、あくまでも舞台全体優先。華があるはずなのに、完全に気配を消す場面のほうが多い。主演なのに。

でも、だからこそ、主演を任される俳優なんだな、と納得でした。

演劇人、という称号に値しますね!

そして、観客はすっかり演劇好きの人ばかりといった感じで、アイドルを追っかけるような雰囲気は微塵も感じられませんでした。森田剛担当ファンもえらい!(←何様?その2)

今回の作・監督の鄭義信さん、すごく複雑でデリケートな問題を、すごく上手に見せてくれて、外国じゃなく、まるで自分の家族や親戚、住んでる町でのことのように感じさせてくれました。他人ごとじゃなく、我ことだったら、問題解決もできるかもしれない。当事者じゃないからそんな楽観的な、って言われるかもしれないけど、演劇だからこそ、見た人の心にこういう感覚を呼び覚ますことができるんですよね。

民族問題も、韓日あまり違和感なく同じように家族大事に必死で助け合って戦争をくぐり抜けてきたんだ、と思えました。

わざとらしい、ふざけすぎ、とすら感じていた笑いは、それなしには重すぎるテーマだからこその笑いでした。なかったら見続けるのが苦しかったでしょう。また、笑って歌った同じ歌を泣きながら歌うシーン。笑って歌った時の幸せを対比させるから余計悲しく感じる、という方式。これは効果的で、ぐっときてしまいました。

何度も繰り返し出てきた「幸福」という言葉に、少しだけ違和感を持っていたのですが、「冥福」とセットになって言われた時、腑に落ちました。生きている人へも、亡くなってしまった人へも、わけへだてなく祈りを捧げるのだな、と思えました。

このお芝居のどの小さなシーンもセリフも、考え抜いて書かれているはず。パズルのピースのどれが欠けても完成しない、そんな気がしました。

一夜明けても夢を見ていたようです。

チケットをくださったお友達さん、本当にありがとうございました!
------------------------------------

|

2017.12.20

いただきもの

いただきもの
誕生日に、とお酒つながり女子からいただいたもの紹介。

赤い靴下、これはいたら底の部分が厚くなっていて、温かいです。びっくりしました。

右下は可愛いサイズのお茶碗。裏返すと「くらわんか」の文字が。そう、東海道の京都から先、大阪への船旅で寄る枚方宿の名物だった「くらわんか」の掛け声です。

可愛いサイズだから、ダイエットにいい気がします(`o´)

真ん中の上にある、白い紙袋の中には石鹸が入っています。ローズの香り(*^_^*)私の好みを完全に把握してくださっています。

本当にありがとうございました!

|

2017.12.19

秋の思い出

秋の思い出

秋の思い出

秋の思い出

秋の思い出

秋の思い出
毎日、寒いですね(°д°;;)

まだ暖かかった、秋の日を思い出す写真をいくつか。

甲南駅から田中酒造さんまで撮影に歩いた道で見つけた忍者です。

いきなり飛び出してきますから危険!

マンホールのフタにも忍者。

それから、南草津の酒屋さん十四代金澤さんに撮影に伺った折、見掛けた飛び出しぼうやとコウホネとホトトギス。

まだまだ秋だったから歩くと汗をかいてました。(遠い目)

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | 『近江の酒蔵』改定版への道 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 旅行・地域 | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道