2018.04.03

家鴨あひる著「滋賀酒」出版をお祝いする会のお知らせ

小川酒店さんと愉快な仲間たちの皆様がこんな楽しそうな企画を考えてくださっています!
感謝しかありません!ありがたいです!
みなさん、ご一緒に楽しいひとときを過ごしましょう(*^_^*)

↓小川酒店の布施健次さんが、こんなふうに紹介してくださっています。
 お問い合わせ・お申込みは、直接小川酒店さんへお願いします!

------------------------------------------------------

2018年5月4日(金) 14:00
会場 ザ・カレンダー JR大津駅2階
会費 4,000円

滋賀県内の33の酒蔵を丁寧に取材してまとめた「滋賀酒 近江の酒蔵巡り」を1月に出版された家鴨あひるさんをお祝いする会です。是非ともご参加いただきますようお願いいたします!

満席になりますと、お断りする場合がございますので、予めご了承ください。

主催 小川酒店と愉快な仲間たち・酔醸会
    電話:077-524-2203(日・祝 お休み)

------------------------------------------------------

|

2018.02.26

ここ滋賀に行ってきた

ここ滋賀に行ってきた

ここ滋賀に行ってきた

ここ滋賀に行ってきた

ここ滋賀に行ってきた
土日は東京の日本橋にある、滋賀県の情報発信拠点ここ滋賀へ。おかげさまで『滋賀酒』本トークイベント二日間で4回、無事終えることができました。機会を与えてくださった、ここ滋賀の竹岡さん、情報提供してくださったもろみさん、もちろん、滋賀酒の主役である蔵元の皆様、関係各位にお礼を申し上げます!

ご参加の皆さまには、心より感謝いたします。またおいでくださった方は、当然東京の方が多かったのですが、以前、滋賀にいらっしゃって、その時に私がお世話になった方がわわざわざお運びくださったりして、感激しました。本当にありがとうございました!今回、思いがけず再会となった!という方も!

ここ滋賀は、日本橋の高島屋の近くにあり、まさに一等地。行くだけで晴れの日気分になりました。なにしろ、近江商人憧れの地です。

アイテムは洗練されたものばかり。おにぎりは、みずかがみ、冷めても美味しい!

そして、カウンターバーでは滋賀酒が33社全部飲める!一杯300円。鮒寿司が500円からアテにできる!

夢のような、Shiga’s Bar。

これは30年前に酒造組合が作った冊子のタイトルで、こんなバーがあったらいいな、というバーが描かれていたのです。それがリアル化。わたしもずいぶん前に冊子を見せていただいたことがあり、感慨深いです。

ここ滋賀とShiga’s Barが滋賀の魅力を発信して、たくさんの方の滋賀への第一歩となってほしいです。

|

2018.02.07

「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」出版イベントinここ滋賀(東京)

今度、ここ滋賀のShiga'sBarでイベントを開催していただくことになりました。初の、ここ滋賀、楽しみです!少人数なので、お気軽にご参加ください。東京のお知り合いにもご紹介いただけるとありがたいです。
滋賀酒の魅力を、微力ながら伝えに参ります!

ここ滋賀とは、東京は日本橋に昨年12月オープンした、滋賀県のアンテナショップです。
店内にはShiga'sBarという、常時県内33蔵の滋賀酒が飲めるバーがあるのです。

以下がイベント案内文です。

---------------------------------------------------
【2日間限定イベント】
読むと飲みたくなる、蔵に出かけたくなる本
「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」出版イベント

【ご予約制】info@cocoshiga.jp
「ご予約時間」、「ご予約者お名前」、「参加人数」、「ご連絡先」をご記入して上記メールアドレスにご連絡ください。
*本をお持ちの方は「本持参」の旨をご連絡ください。

///////////////////////////////////////////////////////////

【読むと飲みたくなる、蔵に出かけたくなる本
「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」出版イベント】

日時:2月24日(土)、25日(日)
一部/11:00~12:30まで 二部/15:00~16:30まで

定員:各回 10名/部(合計40名)

参加費:2500円(税込)
*「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」、あひるさんが選ぶ4種の飲み比べセット、酒造MAP付き
*すでに本をご購入の方は参加費500円
(必ず「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」をご持参ください。
*おつまみやその他の地酒は別途
(おつまみ200円~/地酒 お猪口1杯 300円)

開催場所:ここ滋賀 1F SHIGAS BAR

サンライズ出版より「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」が
出版されたのを記念し、著者 家鴨あひる氏をお迎えして、
作成秘話や酒造の取り組み、酒蔵めぐりのポイントなど
これから滋賀に行くきっかけをつくる地酒の語りの会。
自然と人が織りなす滋賀の地酒を飲みながら
本を片手に滋賀の旅へといざなうイベントです。

*ご予約が定員に達し次第受付を終了いたします。

|

『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』 (サンライズ出版)著者と滋賀酒愛を語ろう!ほろ酔い滋賀酒の会

このたび、京都でこんなお酒の会を企画していただきました。
主催は、山口さん。ずっとお世話になっている方です。本当にありがたいです!

祇園の隠れ家みたいな日本酒バーを借り切っての、こじんまりした会です。
本も付いてます!

京都方面のお友達にもご紹介くださいませ~!
以下は、山口さんによるイベント紹介文です。

---------------------------------------------
滋賀の日本酒の心強い応援団長、「滋賀の日本酒を愛する酔醸会」の家鴨あひるさん。

滋賀県内の酒蔵33ヶ所を取材してまとめた近江旅の本『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』(サンライズ出版)がこの1月上梓されました。著者あひるさんを囲んで、本の発行のこぼれ話、お蔵元さんへのあふれる想いやエールなど、あひるさん選りすぐり!の滋賀酒を片手に楽しく伺う会です。

参加者の皆さまには、特別にあひるさんのサイン入り著書をプレゼント!あひるさんが特別にプロデュースする、日本酒ワークショップもあります。

新しくオープンしたばかりの浅野日本酒店祇園別邸で、滋賀酒愛を熱く語りあいませんか?

日時:3月9日(金)19:00~21:00
定員:13名
プレゼンター:家鴨あひる(滋賀の日本酒を愛する酔醸会・日本酒ライター)
参加費:5000円(著者サイン入り「滋賀酒 近江の酒蔵めぐり」プレゼント、あひるさんセレクトの滋賀の日本酒、おつまみつき)
会場:浅野日本酒店祇園別邸 (京都市東山区大和町6-6 ラテンビル2 2F)


申し込みは、山口 ayufish♪aqua.nifty.jp (♪を@に変えてお申し込みください)までお願いいたします。
氏名と連絡先(携帯番号、メールアドレス)を明記してください。
---------------------------------------------

山口さん、ほんまにありがとうございます!!

|

2018.01.23

日曜日の夜は、京都カフェパラン『滋賀酒』トークイベント

日曜日の夜は、京都カフェパラン『滋賀酒』トークイベント

日曜日の夜は、京都カフェパラン『滋賀酒』トークイベント
日曜日、朝市が終わって一旦帰宅し、夕方からは京都の二条駅前のカフェパランさんにて、竜王町の鮒味さん主催のイベントへ。

有り難いことに、『滋賀酒』出版記念のイベントで、京都の西本酒店の番頭さん中村さんと、ゲストとして招いていただいたのです。

西本酒店さんは、京都で滋賀酒を多種扱ってくださっている酒屋さんで、以前からツイッターでは相互フォローしていましたが、お会いするのは初めてでした。

司会進行は、鮒味の広報ご担当の山田さん。以前大坂のデパートの催事にも出店されていた時にお会いしたこともあります。

お話を聞いていただくだけでなく、滋賀酒の試飲、また、カフェパランのマスターによる「一博」カクテル試飲もあって、ほろ酔い気分で楽しんでいただけたと思います。

アテは、鮒味さん社長の作った鮒寿司、鮒寿司燻製、日野菜漬け、鮎佃煮など。会が終わってから、販売もされてました、

もちろん、私も『滋賀酒』を販売させていただきました。

ご参加ので皆さま、鮒味さん、そして、会場のカフェパランさん、本当にありがとうございました!

また、サンライズ出版のやじまんがさんも応援に駆けつけてくたまさり、本の販売のお手伝いをしてくださいました。感謝しかありません(>人<;)
やじまんがさんがあきらめずにお付き合いくださったから、本が完成したのですから。
日曜日の夜は、京都カフェパラン『滋賀酒』トークイベント

日曜日の夜は、京都カフェパラン『滋賀酒』トークイベント
無事、会が終わってから、近所の沖縄料理の居酒屋さんで打ち上げ。オリオンビールにラフテー、おいしうございました。

|

浜大津こだわり朝市「北島」でした

浜大津こだわり朝市「北島」でした

浜大津こだわり朝市「北島」でした
日曜日の朝、浜大津こだわり朝市「北島」でした。
できたてから、3年熟成までの4種類の「北島」、どれもおいしいお酒。
快晴でしたが、朝市の会場は風が吹き抜けるので、やっぱり寒かった!
寒いと燗酒がおいしいですよねー。

今回は、北島酒造社長の奥様友美さんが駆けつけてくださいました。また、きょせんちゃんが助っ人で来てくださって、あひるは端っこのほうで『滋賀酒』を売らせていただきました。お買い上げくださった皆さま、本当にありがとうございました!

友美さんは、この前お誕生日だったので、おーちゃんからバラの花束のプレゼント!私も、出版祝いにいただきました!ありがとうございました!

浜大津こだわり朝市、次回は草津宿がテーマ。太田酒造さんと古川酒造さんですよ!お楽しみに!

|

2018.01.09

小川酒店にも置いてもらってます

書店だけでなく、酒屋さんにも今後置いていただく予定です。
風邪をひいてしまって、作業が進んでいませんが、これから各お店にお送りしますね!遅れて申し訳ありません!
まずは近くの小川酒店さんから。

おーちゃんがブログに紹介してくださいました!いつも応援ありがとうございます!!
 
 ▼酒屋日記「あひるちゃんの本 でました!」

今月21日(日)の浜大津こだわり朝市でも販売の予定です~。

|

書店に並び始めました

書店に並び始めました
風が強い、寒い日。風邪が治らないのでまた病院に行って薬飲んでもらいました。その後、スーパーへ買い物に。

すると、TSUTAYAさんの滋賀の本コーナーに、前の本『近江の酒蔵』と新しい本『滋賀酒』が!

しかも、平積み(^_^)
(といっても1冊と3冊ですけど)
TSUTAYAさん、ありがとうございます。

記念に撮影したかったくらいですが、恥ずかしいので撮影はしませんでした(^^;

書店でお買い求めいただけます!
まだ届いていない書店にも、これから届きますので、ご予約ください(*^_^*)

|

2017.12.27

『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』到着!

『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』が、今日うちに到着しました!
印刷会社から直接なのです。 書店に卸す業者と同じなので、年末年始のお休みがはさまり、来年になってから書店に届き始めるのだそうです。

ご協力いただいた蔵元様・酒屋様・コラムご執筆してくださった皆様、本当にありがとうございました!
謹呈本とご予約分を、来年お送りする予定です!


「欲しい!」と思ってくださった方は、最寄の書店にご注文ください。1月20日が発行日です。その前後に書店に届くはずです。

あるいは、直接お会いすることが可能な方は、あひるから直接お買い求めいただけます(*^_^*) 1月21日(日)の浜大津こだわり朝市が確実ですね!

今のところ、決定しているのは、鮒寿司屋・鮒味(ふなちか)さん主催の
2018年1月21日(日) 湖国の地酒と風土を知る『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』出版記念トークショー だけですが、もう満員だとか。

他にも、たぶんイベントなどがあると思います。




このように本としてカタチになるのか自分でも不安になるくらいに、途中で何度もくじけそうになりました(>_<)

サンライズ出版の担当編集者・やじまんがさんのおかげで、やっとここまでたどりつくことができました~。
ほんまにほんまにありがとうございました!!
やじまんがさん無しでは、本になりませんでした。心から感謝します。

今回はカメラマンの辻村さんが、全蔵の取材に車で同行して撮影してくださいました。どれだけ取材の効率があがったか分かりません!!本当にありがたかったです! 写真のクオリティは前回の本と比べものにならないくらいアップしています~(*^_^*)


そして、応援してくださった全ての皆様にも感謝しています。
仕事先の皆様も理解し全面的に応援してくださったおかげで、なんとか仕上げることができました。

と言いつつ、まだイマイチ実感が湧かないあひるなのでした(^_^;)

|

2017.12.09

長い1日

長い1日

長い1日

長い1日
昨日は朝9時半から夜9時過ぎまでサンライズ出版で本『滋賀酒 近江の酒蔵めぐり』のための作業をしてきました。

サンライズ出版社は近江鉄道の鳥居本駅のすぐそばにあります。

だから昼食はどこか駅前のパン屋さんか食堂で、と何も持って来なかったら、お店なんて徒歩圏内になくて米原市に入ったところのセブンイレブンまで社用車で乗せて行ってもらわなければなんともなりませんでした。

鳥居本なめてました(>_<)ごめんなさい!

真ん中の写真は、社長さんの妹さんがくださったお菓子です。鮎の形。これで夕食なしでがんばれました、ありがとうございました!

前回と同じく編集をご担当してくださった、やじまんがさんのおかげで、一応原稿は全部そろいました。一部の確認が残っているだけ。

早く完了したいー(>_<)

上下の写真は近江鉄道の切符と乗車証明書です。

夕べ、本当は浜大津こだわり朝市スタッフの忘年会だったのですが、ドタキャンしてしまいました(>_<)ごめんなさい!

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | 『近江の酒蔵』改定版への道 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 旅行・地域 | 日本酒アプリを使ってみる | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道