2017.11.05

よしだあきこさんお酒とお料理の会 報告

よしだあきこさんお酒とお料理の会 報告

よしだあきこさんお酒とお料理の会 報告

よしだあきこさんお酒とお料理の会 報告

よしだあきこさんお酒とお料理の会 報告

よしだあきこさんお酒とお料理の会 報告
昨日はよしだあきこさん個展の初日であると同時に、恒例のお酒とお料理の会もありました。

いつも趣向を凝らした会なので楽しみに参加しています。

お馴染みの面々とも再会できてうれしかったです。

さて、今回のお酒は「あ」。滋賀・福島・大阪の”あ”がつくお酒ということで「浅茅生」「会津娘」「秋鹿」です!

お料理は会場のある枚方の割烹藤さんのお弁当と「ごんぼ汁」でした。行き交う船の旅人へ、このごんぼ汁を船で売りに行っていたそうで、その売り声が「くらわんか」だったので、別名くらわんか汁。

ごぼうの香りがいい味出していました(*^_^*)

お客様なのに、燗鍋に一番近い席だった、マック次郎さんのお燗も楽しかったです!

inugaoさん、今年も素晴らしい会をありがとうございました!

個展のご盛況をお祈りしています(^o^)/

|

2017.03.05

「浅茅生〜OVERTURE〜」呑めるとこ限定

「浅茅生〜OVERTURE〜」呑めるとこ限定

「浅茅生〜OVERTURE〜」呑めるとこ限定

「浅茅生〜OVERTURE〜」呑めるとこ限定

「浅茅生〜OVERTURE〜」呑めるとこ限定
先日の直さんにて、やっと飲めました!

居酒屋さん限定版の新酒、第何弾?

大吟醸と純米大吟醸の飲み比べできました。どちらも良かったです!

ラベルもモノクロで今までにないイメージ。新たな「浅茅生」を感じられました!

「裏ラベルのコメント欄がおもしろいよ」とMさんに言われて、よく見てみると……

平井さんご夫婦がそれぞれコメントされていて、それがお二人のカラーが出ていて確かにおもろい。これはよく読んでほしいです!お店で注文したら、瓶も見せてもらうべし!

|

2017.02.08

直

直

直
ゆうべは、北島酒造の「直(ちょく)」を開けました。

キャップがポン!て音をたてました。まだ少し炭酸ガスが残っているのですね。

ほんまにふな口からしたたり落ちたまんまのイメージです。

「朝つゆに御方様の笑顔をうかべ…
直一献。」

瓶の肩に結ばれたお手紙は、まるで蔵元さんからの恋文のようです。

気持ちが伝わってきますね♪

おいしうございました(*^_^*)

|

2017.02.07

「浅茅生 ~OVERTURE~」

大津駅前の居酒屋「鷄と魚とお酒 直」さんが発案したという企画。
すごい行動力!
居酒屋さんが動くと、応援される蔵元さんもパワー出ますね。
平井商店さんの特別なお酒を味わいに、お店に寄ってください!

藤江君、ただの「細長いおっさん」じゃない!
オトコマエの細長いおっさんだ!

------------------------------------------

「酒場でしかのめない浅茅生」企画の飲食店限定酒「浅茅生 ~OVERTURE~」の第一弾がいよいよ2月6日より順次、参加飲食店にて提供開始されます。若手が頑張る大津市の小蔵元「平井商店」さんの特別な無濾過生原酒を味わってください。

[提供飲食店]
・和食 あらい(大津市京町4丁目5-10)
・旬遊 あゆら(大津市中央2-6-39)
・割烹 おお杉(大津市中央3-4-30)
・駅前酒場 御蔵(大津市浜大津2-1-26)
・日本酒BAR 十八番(大津市粟津町2-62)
・beer&wine酒場 京町食堂(大津市京町1-3-36)
・四ツ辻の 辻ー(大津市長等3-3-12)
・もてなし家 とっくり(大津市春日町2-1-1F)
・鷄と魚とお酒 直(大津市末広町3-1)
・SAKE Cafe ハンナ(京都市下京区船頭町203)
・鮮料口福 尚(栗東市上砥山2166-12)
・日本酒と魚串 松吉(草津市大路1-1-1 Lty2F)
・お酒とアテと 酔in(大津市晴嵐1-8-3)
・夕鶴(守山市浮気町340-4)
・立ち飲み 雷恩(大津市梅林1-3-25)
・三丁目酒場 ※移転作業中(大津市竜が丘3-7)

※詳しい提供開始日は各店にお問い合わせください

|

2017.01.25

チャンチャーレで「唯々」しぼりて

チャンチャーレで「唯々」しぼりて

チャンチャーレで「唯々」しぼりて

チャンチャーレで「唯々」しぼりて

チャンチャーレで「唯々」しぼりて

チャンチャーレで「唯々」しぼりて
今日は突然の仕事終わりで上司(飲み友達)と飲み会。

イタリアンレストラン、チャンチャーレさんに行きました。

大好きです!

でも、御用達の前菜盛合せがなくなっていたので、お願い(^人^;)

赤ワインばかり飲んでました。

しかし、豚肉のあぶり焼きとカンパチのカルパッチョが日本酒に合いそうだったので「唯々(ただただ)」しぼりたてを注文してみたら、肉にも生魚にもあう!

この酒を選ぶ選球眼に乾杯〜!

ああ、楽しかった!

ありがとうございました!

|

2017.01.17

朝市の「浪の音」

朝市の「浪の音」
あのひりひりする寒さの中で飲むのとは、全く違う印象でした。当たり前なのでしょうが、改めて驚かされます。

新酒の純米吟醸の良さが素直に感じられます。

純米超辛口がやさしい。バランスがよい。

ありがとうございました!

|

2016.06.13

あまざけとしょう夏酒

あまざけとしょう夏酒
いただきものの北島酒造のあまざけと日本酒。このセット、素敵です。

夏越の祓えを連想するようなしめ縄飾り。

お酒が飲めない人でもあまざけなら喜ばれます。

家族みんなに喜ばれるセット、これはいいわ!
ありがとうございました!

私も御使い物にいよう!
ただ、「しょう」の字が出て来ません(^_^;)

|

2016.01.05

「天井川」みずかがみ生原酒

「天井川」みずかがみ生原酒

「天井川」みずかがみ生原酒
うっすらオリがらみ、今年の新酒です。

草津の古川酒造は全量木槽搾りですから。

若いけど、飲みやすい。米の甘味があふれます。飯米でこれくらい美味い酒できるんだよね。すると酒米の立場はどうなのって話になりますやん?

おっと、ここから先は自分で飲んで確かめよう~。

|

2015.10.24

毎日新聞滋賀版『近江酒蔵巡り』 第6回竹内酒造

毎日新聞滋賀版の連載『近江酒蔵巡り』の第6回は「香の泉」の竹内酒造です。

コラム「あひるの酒MEMO」は「唯々」をピックアップしています。お手頃価格でこの味はお得です~。

滋賀県酒造組合のサイトからご覧いただけます。

|

2015.08.31

マンボウさんで「浅茅生」弘子さんの会

マンボウさんで「浅茅生」弘子さんの会

マンボウさんで「浅茅生」弘子さんの会
昨日の午後は大阪日本橋のお好みハウスマンボウさんで「浅茅生」弘子さんをゲストにお迎えしてお酒の会を開催させていただきました。

年に一度、お馴染みの皆様との再会を喜び、初めての方ともお酒を通じて仲良く肴を分け合う楽しい時間。雨模様の日にご参加くださった皆様、心より感謝いたします。

さて今回のお酒のラインナップは、「北船路」や「ひと夏」「みずかがみ」など比較的新しい銘柄もあり、また活性にごり「湖雪」もあり変化に富んでいるうえ、米違いや造り違いを飲み比べできるなどお客様にも大変好評でした。

燗も「滋賀渡り船六号」の特別純米が55度越えで上がりました。肴が欲しくなるお酒!

終始弘子さんがお客様とお話しながらお酒をサーブしてくださり、大阪にファンを増やされました。

弘子さん、お酒決めからいろいろありがとうございました!

マンボウさん、奥様、今年のお蕎麦も美味しかったです!ありがとうございました。

おーちゃん、帰り道には燗すけを抱えてお疲れさまでした!ありがとうございました。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | 『近江の酒蔵』改定版への道 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 旅行・地域 | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道