2006.02.28

伝書鳩を飛ばす子ども

うちの子どもが通ってた、友の会幼児生活団では4才、5才、6才組と、それぞれに何か生き物の世話をすることになっていました。

生活団ごとに違ってて、東京の落合では、4才で十姉妹、5才でモルモットでした。でも6才組で伝書鳩を飼うのはどこも同じだったようです。


6才の子どもが、伝書鳩の世話をして、最終的に100キロくらい遠くから飛ばして鳩舎に帰ってくるようになるんですよ。すごいことです。

お世話の手順は、上級生から教えてもらいます。それを文字でなく絵で書いて、マニュアルにするんです。

ちゃんと、マスクして、帽子かぶって、エプロンかぶって。最初に、足環のチェックをする。鳩舎から追い出す。床のフンをガリガリ(お好み焼きのヘラみたいな金属の道具)で掃除する。青菜を刻む。塩土を入れる。えさは、一羽につき、一杯。たらいに水を入れて、水浴びさせる。最後に足環チェックをして全部入っているかを確認する。

それを全部絵にして、持っておくのです。手順を忘れたら、めくって見てましたよ。

夏休みも、交代で世話をしました。

段階を踏めば、子どもでも命を維持させるほどの仕事ができるのです。


うちの子は青い野菜が嫌いでしたが、十姉妹のエサにするために小松菜を栽培したことから、小松菜は食べられるようになりました。


あんな幼い時期に、命の世話をキチンとするような機会を与えていただけたのは、本当にありがたいことです。

| | Comments (2)

2006.02.08

子どもの手作りケーキ

2006-2-8-cakes


子どもの手作りパウンドケーキと、ビスコッティ、アーモンドチョコです。

ちょうど紅茶をいれたところ。ナイスタイミング。

お茶の時間にいたしましょ!

ありがとう。

| | Comments (0)

2006.02.01

クリスマスの奇跡

季節はずれの話題でごめんなさい。


幼児生活団では、クリスマスは特別でした。クリスマスには特別の食事を用意し、子どもが合奏を練習するだけでなく親も聖歌の合唱を練習して発表しました。

そしてサンタクロースがやって来ます。子ども一人一人にプレゼントを置いてゆきます。

プレゼントは、子どもたちが以前描いた絵がぬいぐるみ、マットなど、手で触れる暖かなものになっているのです。

うちの子どもの絵は鳥と人間でした。ビロードの生地に刺繍やボタン、アップリケなどを施されて、抱きしめられるぬいぐるみになってプレゼントとなったのです。

そのぬいぐるみは、親にとっても特別愛おしいものなのです……。

| | Comments (8)

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 旅行・地域 | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道