2016.11.02

鎌倉の美味しいお蕎麦

鎌倉の美味しいお蕎麦
鎌倉研修の2日目。

日本のナショナルトラスト第1号となった、おやつ(御)に行きました。

碑も看板もありました。

中に書いてある文章には「行政はいきなり」「行政は何の知らせもなく」山を崩して谷を埋めて住宅地を作る計画をたてた、みたいな感じの表現が二回繰り返されてて、よっぽど腹が立ったんだろうなあ、と上司(飲み友達)と言い合いました。

ブルドーザーの前に身を投げ、開発を阻止したって書いてありました。

ここは以前、先生にもお聞きしていましたが、実際にその場に立つとなんとも言えない感じを覚えましたよ。もしも、この開発計画が市民の運動でなくならなかったら、この静けさは失われていたのです。どこにでもある、普通の住宅地になっていました。

鶴岡八幡宮にお参りした後、先生に連れられて行ったお蕎麦屋さんは美味しかったです。

先生ありがとうございました!

|

2016.11.01

建長寺の虫塚

建長寺の虫塚

建長寺の虫塚

建長寺の虫塚
鎌倉研修の2日目。建長寺の奥のほうには、ひっそりと虫塚がありました。

『バカの壁』の養老孟司さんが隈研吾さんに依頼して作ったとか。

阿吽像のような黒い石の彫刻が入り口に置いてあり、広場には金属の棒を組み合わせたオブジェ。真ん中には石のゾウムシ?

バックには昔、たぶんお墓だったであろう穴。

なんとも言えない場所でした。

ゾウムシのところに入ったり、出て来てぼーっとしばらく見ていました。

|

2016.10.30

階と言うお菓子ゆかりの神社

階と言うお菓子ゆかりの神社

階と言うお菓子ゆかりの神社
引き続き鎌倉研修の2日目。

安倍晴明を祀る神社、安部清明大神だそうです。急な階段は軟らかい鎌倉石でできているので磨耗してでこぼこ。階段のことを階(きざはし)とも言います。この鎌倉石でできた石段をテーマにしたお菓子が「階」で、後で鳩サブレーを買いに行ってみると、売っていました。

試食してみると、茶色のぎゅうひ餅にきな粉がまぶしてありおいしうございました。

でも、京都にいたはずの安倍晴明がなぜ鎌倉で祀られているのでしょうか?

先生は「暗殺、呪いのオンパレードだったからね」と理由を教えてくださいました。そうか、ニーズがあったのですね。一同納得!(*^_^*)

この神社から少し建長寺方向へ歩いたところにも、安部清明(鎌倉ではなぜか漢字が違う)の石碑がありました。先生に教えていただかなかったら、絶対見落としていたと思います。そっけない石碑でしたから。先生ありがとうございます。

|

東慶寺

東慶寺

もう先週の日曜日になりました鎌倉研修の2日目。

北鎌倉駅から歩いて円覚寺、次は東慶寺へ。ここは江戸時代に女性の駆け込み寺だったお寺です。

しかし、私は縁切り寺だったと知りさだまさしさんの「縁切寺」という歌を思い出して感慨深いところでした。

歌詞に源氏山から北鎌倉へ歩くカップルが歌われていて、実際に歩くのは結構険しくこのカップルは健脚だということがわかりました。

歌では、縁切り寺に来た時、彼女が泣き出します。彼との縁が切れたら生きていけない、と言うのです。それだけなら、熱愛話なのに、すぐ、そう言っていた彼女から別れを切り出した、と歌われるショッキングな展開。そして、彼は一枚だけの彼女との思い出のツーショット写真を縁切寺に納めに来たのです。

この歌を今でも二番まで歌える私。歌われていた縁切寺に初めて来ることができてテンション上がりました。「これが縁切寺!」と。

私の持っている鎌倉や湘南の知識は、この歌とサザンオールスターズの歌と漫画「海街ダイアリー」由来なのです。

歌に聞く縁切り寺、今登る山門前。161023_101501

かわいいお寺の奥には、知識人のお墓があり、お参りしました。


|

2016.10.29

円覚寺

円覚寺

円覚寺

円覚寺
鎌倉研修の2日目。

朝、北鎌倉駅に集合して寺社巡り開始しました。ありがたいことに先生もお付き合いくださり、説明してくださいました。

最初は駅からすぐの円覚寺。参道が鉄道にぶった切られていました。

日本海軍が行ったことだとか。神も仏も畏れない仕業ですね。

鎌倉は谷(やつ)、谷地(やち)が特徴です。寺院は谷の地形を利用して作られているのがよくわかりました。

寺の建築は質実剛健な感じです。

次は、駆け込み寺へ。

|

2013.07.16

鎌倉のマンホールふたに思いをはせる

鎌倉のマンホールふた
今も思い出す、素敵な鎌倉。

これはマンホールのふた。

カモメなどがデザインされています。

自然豊かな環境を守りながら都会的なセンスが随所にちりばめられた街。

三方を囲む丘陵を開発から守ってきた市民活動の長い歴史があります。

海と山どちらもすぐ近くにある箱庭のような街。

一時、日本の首都であり全国に号令をかけた街。

あちこちで暗殺や一族皆殺しの惨劇が行われた街。

何度も津波に襲われた街。

明治以降、いち早くサナトリウムができ海水浴療法が行われた街。
文化人の家や別荘が立ち並ぶ街。

狭いので渋滞がひどく自転車で回ったほうが早く、江ノ電がよく利用されていました。

さまざまな要素、違う顔を持つ美しい街、鎌倉。

先生のお話の中で「何代も住んでいる住民は比較的少なく、この街を選んで住んだ人が多い。この街を好きな人が多い」というお言葉が心に残りました。

古くて新しい街・鎌倉、私も好きになりました。

| | Comments (0)

2013.07.10

東京へ普通電車なのに二階建てグリーン車で

東京へ普通電車なのに二階建てグリーン車で

東京へ普通電車なのに二階建てグリーン車で

東京へ普通電車なのに二階建てグリーン車で
鎌倉からは東海道線に乗り換え、東京へ向かいました。

もう疲れきってしまい、普通電車なのに二階建てグリーン車に1000円のチケットを買って乗りました。写真ではわかりにくいでしょうが、二階席なので視点が高い位置にあるのです。

東京駅では七夕飾り。そうです、この前日日曜日が七夕祭りだったのでした。

鎌倉で浮かれていて忘れてました。

| | Comments (0)

鶴岡八幡宮へお参り

鶴岡八幡宮へお参り

鶴岡八幡宮へお参り

鶴岡八幡宮へお参り
鎌倉研修の2日め、解散後は鶴岡八幡宮詣で。

やっぱり鎌倉といえばここでしょ!

鳩サブレの本店で物色した後は鶴岡八幡宮。ここの八の文字は鳩が二羽なのです。鳩みくじを売っていたので引いてみると……。結果は内緒です。

おみくじと一緒に入っていたのは可愛い鳩マスコット、ちゃう、お守りでした。
八幡様、鳩さん、ありがとうございます!

ご一緒した塾の先輩ともここでお別れ。
暑い中、ご一緒できて楽しかったです!

| | Comments (0)

鎌倉研修、ラストは市役所

鎌倉研修、ラストは市役所
盛りだくさんの鎌倉研修の2日め、ラストプログラムとして市役所で、改定中の鎌倉市総合計画などについて、担当課の方にお話を伺いました。

書類が一センチくらいあるし!

二日かけて歩いてきたので、いろいろ質問したいことも出てきました。

鎌倉市の高齢化率は意外に高くて一同驚き。

お忙しい中一時間もお時間を取って頂き、感謝です。

町づくりに長期間関わっていらした先生のおかげで、こんなに贅沢な研修ができました。ありがたい限りです。

ここで解散。

皆さん、すぐ帰る人、土産を買いに行く人など分かれました。

それにつけても夏の暑さよ。

| | Comments (0)

リッチョーネでランチ

リッチョーネでランチ

リッチョーネでランチ

リッチョーネでランチ

リッチョーネでランチ
鎌倉研修の2日め、ランチはイタリアン。

リッチョーネさんです。生ハムサラダ、しらすのペペロンチーノ、牛肉ステーキ。フォカチオ付き。

すごく美味しかったのですが、疲れていて話も途切れがちな私でした。
なぜこんなに疲れているのか……。
夜、なかなか眠れなかったのです。とほほ。

神奈川県鎌倉市小町2-12-30 BMビルB1階
0467-24-5491
定休日:水曜日(祝日の場合は翌木曜日)、第2木曜日

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | 『近江の酒蔵』改定版への道 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 旅行・地域 | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道