2018.07.16

近江八幡市 水郷のさとまるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟

近江八幡市 水郷の郷まるやまの手漕ぎの舟
土曜日は仕事で出張しました。近江八幡市の円山町でイベントに参加した後、すぐ近くにある、水郷のさとまるやまさんで、初の水郷めぐりの船に乗りました。

1日に3便ある乗合定期便の最終に予約しておいたのです。乗ってみると私1人。なんと贅沢な貸切となりました。晴れ渡る水郷は美しく、山の緑の鮮やかさや空の輝く青にうっとり。屋根がある、屋形船なので日影なので耐えられますが、船頭さんは炎天下のお仕事。橋の下や木陰に来ると「涼しい!」と喜んでおられました。

船の上の時間はゆっくり流れ、オオヨシキリの鳴き声、船べりを波が洗う音、ヨシ帯の葉ずれの音などが聞こえます。時折他社の屋形船とすれ違うと、あいさつしてみたり。エンジン付きの船には追い越されたり。

水郷の自然を満喫できました。ただ、船頭さんが「このヨシ帯も、いつまであるかわからない。ヨシ産業は後継者がいないから」とおっしゃっていました。私たちの生活にヨシがどれだけ関わっているかを考えると、ヨシズくらいしか思い浮かびません。それも、安い中国産に取って代わられたと聞きます。

この水郷の美しさを構成するヨシ帯は、地主さんがいて手入れしてヨシを出荷しているから維持されているのだそうです。滋賀県の行政職員さんは、名刺にヨシを混ぜた紙を使っていることが多いのですが、そのように意識して使わないと、ヨシは経済的に回らない産業になってしまいます。たちまちこの水郷の美しさは失われていくでしょう。

ヨシは3メートルくらいまで伸びる間に水を吸い浄化してくれることがわかっています。ドブ色に見える水は、臭くないんですよ!驚きました。

そんなことを考えながら、でもこの景色を見ながら滋賀酒飲みたい!と思ってしまう、あひるなのでした(╹◡╹)

|

2018.02.15

京都観光を敢行

岡山からきょうだいが来て、

京都観光を敢行

ゴッホ展見て、

京都観光を敢行
哲学の道歩いて

京都観光を敢行
法然院で『卍』著者、谷崎潤一郎さんのお墓にお参りして「マジ卍〜!」と言い、おめんでランチして、

京都観光を敢行
大津祭の展示館行って、アケミでワインとカキフライ食べて、

京都観光を敢行
琵琶湖ホテルのバーで百人一首カクテル飲んで、楽しかったー!


|

2018.02.13

長浜市の佐藤酒造、そして黒壁スクエア

長浜市の佐藤酒造、そして黒壁スクエア
木之本町から、長浜市内の酒屋はしもとやさん、佐藤酒造さんへ本をお届け。本当にありがとうございました!

長浜市の佐藤酒造、そして黒壁スクエア

長浜市の佐藤酒造、そして黒壁スクエア

それから店じまいした後の黒壁スクエアをぶらぶら町歩きしました。夜景がまた美しい。冷たい風が吹いていて凍えましたが、ウインドウのお雛様は可愛い!癒されました。

長浜市の佐藤酒造、そして黒壁スクエア

長浜市の佐藤酒造、そして黒壁スクエア

|

きのもとほんもの展

きのもとほんもの展

きのもとほんもの展
車で長浜市内の蔵元さんと酒屋さんに連れて行ってくださったのは、スタジオこほく代表のケイミーさんでした。

ケイミーさんが、どうしても行きたい、とおっしゃったのが、この「きのもとほんもの展」。たくさんのお客さんでにぎわっていました。ほとんどの人はケイミーさんとお知り合い!さすがです。

蔵元さんの店頭にも、普通は見られない酒造風景が飾ってありました。お酒が飲めない人にも楽しめる企画ですね。

きのもとほんもの展

きのもとほんもの展
遅いランチは、こちらのシカ肉トマトカレー。酸味がきいた、美味しいカレーでした。

会場には、出張カフェ。賤ヶ岳で麓の丘峰喫茶店さんです。ご夫婦で引っ越していらしたそう。本も1冊お買い上げくださいました。素敵なお店で、いい本人生が送らせてもらえそうです。ありがとうございます!

|

雪の木之本

土曜日、スタジオこほくで『滋賀酒』を紹介していただける、とのことで収録に長浜市に。

収録を終えてから、木之本町の酒蔵に本をお届けしました。

雪の木之本

雪の木之本

雪の木之本

雪の木之本


山路さん、冨田さん、そして山岡さんにお会いできて直接お礼を言えました。ありがとうございました!

|

2018.01.06

新幹線の車窓から

新幹線の車窓から
東京から滋賀へ帰る新幹線、車窓からは富士山はちょっと雲の中。

|

2018.01.05

北斎とジャポニズム

北斎とジャポニズム

北斎とジャポニズム
上野の西洋美術館にて、北斎とジャポニズム展。
北斎の図案集そっくりの油絵や、ガラスの壺などは、クマちゃんにも面白かったようです。

|

2018.01.03

上田の町

上田の町

上田の町

上田の町
上田城の近くの町でお買い物。
ルヴァンのパンと「亀齢」のお酒。

|

信州、上田城

信州、上田城

信州、上田城

信州、上田城

信州、上田城
クマちゃんと信州は上田城に行きました。大河ドラマ「真田丸」を見ていた時から来たかったのでうれしい!

お城は門と櫓一つくらいしか残っていませんが、「ブラタモリ」で紹介された、川が側を流れていた証拠も見られたから満足しました。

|

2017.12.18

初めての金閣寺

初めての金閣寺

初めての金閣寺
昨日の出張からの帰り道、そばにあった金閣寺にお参りしてきました。

金閣寺、初めてです。銀閣寺に行くつもりでバスに乗り、降りたら金閣寺前だったことはありますが、その時はあわててタクシーで銀閣寺に向かったので金閣寺にはお参りできませんでした。

傾きかけたお日様に輝く金閣寺を拝むと、この世にいるのか、あの世なのか、わからなくなりました。

たくさんの観光客が歩いていましたが、本来はたった一人の将軍だけのものだったのですよね。

そんな権力とお金のシステムの象徴でもある金閣寺、本当にここにあるものなのか、ふと一瞬わからなくなりました。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009年の目標へ歩き出す | 2009年スクワットと笛 | 「酒と語りと醸しと私」2011 | 「酒と語りと醸しと私」2012 | 『近江の酒蔵』改定版への道 | うちごはん | うちごはん2 | うちごはん3 | うちごはん4 | おいしいもん | おいしいもん2 | おいしいもん3 | おいしいもん4 | おすすめサイト | お店 | お店2 | お店3 | お弁当 | これからのイベント情報 | ちくわ笛奏者への道 | びぃめ~る企画室 | よいかも会 | アニメ・コミック | イタチ科 | イベント | グリーンコレクション2007 | グルメ・クッキング | トリさん | バラの魅力 | ビール | ランチ | 上原酒造2006年山廃モト | | 子ども | 岡山 | 平成30年7月豪雨 | 旅行・地域 | 日本酒アプリを使ってみる | 日本酒全般 | 日記1 | 日記2 | 日記3 | 日記4 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 本日の体組成 | 東日本大震災 | 池本酒造 米から酒まで2007 | 滋賀の地酒 | 滋賀の地酒【中部】 | 滋賀の地酒【湖北】 | 滋賀の地酒【湖南】 | 滋賀の地酒【湖東】 | 滋賀の地酒【湖西】 | 滋賀の地酒【甲賀】 | 滋賀の日本酒BOOKへの道 | 滋賀産ふんどし | 琵琶湖 | 甘いもん | 生き物 | 田んぼと畑 | 盆踊りプロジェクト | 看板 | 県外の地酒 | 着ぐるみを作る | 空日記 | 縫い物 | 能管 | 自転車 | 草花 | 調味料 | 酒と肴の相性 | 酒と語りと醸しと私2013 | 酒肴日記  | 音楽 | 顔出し看板BOOKへの道